Ray

彼氏が嫉妬する?「え、こんなことで…」と思ったヤキモチ3選

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
彼氏が嫉妬する?「え、こんなことで…」と思ったヤキモチ3選
「男の嫉妬はめんどくさい」って言いますよね。些細なきっかけで、彼が嫉妬心をあらわにすることもあるもの。今回は、筆者が実際に悩んだ「彼氏の嫉妬エピソード」をご紹介します。
目次
  1. YouTuberやスポーツ選手を応援する
  2. 彼女が仕事で活躍する
  3. 友達と雑談で盛り上がる

YouTuberやスポーツ選手を応援する

「このチャンネル、参考になるんだよね。話し方も分かりやすいから更新が楽しみ」とYouTuberをほめたら彼がみるみる不機嫌になり、その後しばらく音信不通に……。

また、スポーツの試合中継前に「○○選手が活躍するところが見たいよね」と言うと、「なんで俺に言うわけ?」と怒られたこともあります。

男性芸能人をほめると彼が嫉妬する、という話はよく聞きますが、男性のYouTuberやスポーツ選手などを応援しても地雷を踏みかねないので要注意。

なぜなら、自分以外の男性に好意を示していると捉える男性もいるからです。どんな形であれ、このような態度を示す男性には「ほかの男性に夢中になる彼女の姿」は見せない方がいいでしょう。

彼女が仕事で活躍する

嫉妬しやすい彼とは、仕事がうまくいっているときほどギクシャクしやすいもの。

筆者が「いま担当のプロジェクト、やり甲斐があるんだよね」と話したら、彼に「調子に乗るらない方がいいよ」と返されたことがあります。お仕事関係の検定を受けた際は、合格しても祝ってもらえず悲しい思いもしました。

ここまで極端な人ではないとしても、闘争心が強い男性は少なくありません。彼女が仕事に打ち込んでいると勝手にライバル視したり、キャリアアップを妬んだりすることも。

仕事の話題をすると彼がイライラした様子になるのであれば、自分が成功したことは話しすぎない方がいいかもしれませんよ。

友達と雑談で盛り上がる

彼女が誰かと盛り上がっていると、やきもちを妬く男性もいますよね。

元カレは、友達とおしゃべりを楽しんでいると、怒ったような表情になる人でした。一度機嫌を損ねるとなかなか直らないので、お出かけデートの際は「知り合いに会いませんように」と祈るようになりました。

特に友達が少ない男性は、彼女の交友関係に嫉妬する確率が高いです。「同性の友達だったら大丈夫」と油断しがちですが、会話が弾んで盛り上がってしまうと彼が不機嫌になるケースもあります。

嫉妬深い彼の前では、友達との会話は早めに切り上げたほうが賢明でしょう。

たまに妬くくらいならいいですが、毎回この調子だと気が重いかも。ただ、相手を不快にさせない気遣いも必要ですよね。彼と関係を続けていきたいのなら、彼のコンプレックスを刺激する言動は避けて、よりよい関係を築きましょう。

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com