Ray

【準える】はなんて読む?「じゅんえる」ではありません!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【準える】はなんて読む?「じゅんえる」ではありません!
普段の生活でよく使う言葉なのに、実は間違って読んでいた!そんな漢字、意外と多いですよね。今回は、大人でも間違えてしまいがちな常識漢字クイズをご紹介。就活や社会人生活で恥をかかないように、今一度確かめておきましょう!

「準える」は何て読む?

準という漢字は音読みで「じゅん」と読みますが、準えると書いて「じゅんえる」とは読みません。

いったい、「準える」は何と読むのでしょうか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「なぞらえる」でした!

「なずらえる」と読む場合もあります。常用漢字表に載っていない読み方なので、普段は平仮名で書くことが多いかもしれません。

準えるは、まねて作るという意味や、類似する事柄を比較して、仮にそれとみなすという意味があります。また、同じ読み方をする漢字は他にもあり、「准える」「擬える」と書いてなぞらえると読むんです。

同じ読み方で同じ意味の漢字が複数あるので、少しややこしい言葉ですね。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事