Ray

居酒屋に行ったらなにを頼む?一杯目のドリンクが与える印象とは

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
居酒屋に行ったらなにを頼む?一杯目のドリンクが与える印象とは
気になる彼とご飯に行くことに!どうせなら、デート中の振る舞いで、自分のことをしっかりアピールしたいですよね。実は、一杯目にどんなドリンクを頼むのかで、男性からの印象も大きく変わるようです!それぞれのドリンクが、男性に与える印象と注意点を確認していきましょう。
目次
  1. カクテル=可愛らしさと女性らしさを演出
  2. ワイン=おしゃれさと色っぽさをアピール
  3. ビール=明るくノリのよい女性で攻めちゃおう

カクテル=可愛らしさと女性らしさを演出

カクテルは、色鮮やかで、甘くフルーティな味付けが多いですよね。そんなカクテルを一杯目に頼む人に対して、男性は「可愛いな」「女性らしいな」という印象を抱くようです。

お酒をそこまで飲み慣れていない、あどけない印象に繋がることも。「守ってあげたいな」と男性の庇護欲をくすぐることが出来るかもしれません。

一方で、人によっては「あざといな」「キャラを狙ってる?」と勘違いしてしまう男性もいます。あまり強いお酒を飲めない場合は、その理由も合わせて恥ずかしそうに最初に伝えておけると、わざとらしくない手法で男性をキュンとさせることができますよ♡

ワイン=おしゃれさと色っぽさをアピール

ワインは、安っぽい居酒屋ではなく、高級なレストランで嗜む印象が強いお酒。そんなワインを飲み慣れていて、一杯目からオーダーする女性に対し、男性は「色っぽいな」「おしゃれだな」という印象を抱くよう。

ワンランク上の女性として男性から一目置かれたい方は是非チャレンジしてほしいドリンクです。

一方で少し格式の高さを感じてしまい、「自分は釣り合わないのではないか」と少し引いてしまう男性もいるかもしれません。

そんなときは、自分がワインを好きになったきっかけや好きなワインの種類を話題にしながら、オープンに自分のことを話すように心がけましょう。親しみやすさを同時に伝えられると、よりあなたの魅力が伝わるかも!

ビール=明るくノリのよい女性で攻めちゃおう

とりあえず一杯目はビールで!声を合わせてそう言える女性は、男性にとって「一緒にいて安心するな」「明るくてノリがいいから楽しいな」と感じるようです。

最初から肩の力を抜いて素の自分でいられる方が、長期的な関係性を想像しやすいのかもしれません。

ただし、あなたのキャラクターによっては居心地が良すぎることが裏目に出て、「ただの飲み友達」として最後まで盛り上がってしまう可能性があるため、注意が必要かも。

服装はボーイッシュなものではなく、あえておとなしめにするなど、ギャップを作ることで女性として意識してもらうことを心がけましょう!

意外とドリンク一つでもあなたの印象を左右することも。自分が「男性からこうみられたい」という理想像がある人は、是非試してみてくださいね。

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com