Ray

「奇しくも」はなんて読む?「きしくも」ではありません!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「奇しくも」はなんて読む?「きしくも」ではありません!
普段の生活でよく使う言葉なのに、実は間違って読んでいた!そんな漢字、意外と多いですよね。今回は、大人でも間違えてしまいがちな常識漢字クイズをご紹介。就活や社会人生活で恥をかかないように、今一度確かめておきましょう!
目次
  1. 「奇しくも」はなんて読む?
  2. 果たして、正解は?

「奇しくも」はなんて読む?

「奇しくも」という言葉はどこかで見かけたことがあると思います。

奇は「き」と読むことが多いので、「きしくも」と読みたくなりますよね。

しかし、本当の読み方は違うんです。

では、「奇しくも」は一体なんと読むのでしょうか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「くしくも」でした!

奇しくもは、「偶然にも、不思議にも」という意味。

「奇」が不思議であやしい様子を表すので、そのままの意味ですね。

「奇しくも私と彼の誕生日は同じだった」のように使い、偶然でありながら、それだけでは説明できない運命的な力を感じさせることが多いです。

ちなみに、誤用例として奇しくもを「悔しくも」「惜しくも」の意味で使ってしまうことが挙げられます。音が似ていて混同しやすいですが、間違いなので気を付けましょう。

漢字の意味を考えると覚えやすいですね。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com