Ray

「殆ど」の読み方はなに?日常生活でもよく使うあの言葉!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「殆ど」の読み方はなに?日常生活でもよく使うあの言葉!
日常生活で使う機会はあまりないけれど、知ってるとちょっと自慢できる!そんな難読漢字を今回ご紹介します。社会人の多くが間違えてしまうこの漢字、あなたは読めるかな?
目次
  1. 「殆ど」は何て読む?
  2. 果たして、正解は?

「殆ど」は何て読む?

殆どは、日常生活やビジネスシーンなど、あらゆる場面でよく使う言葉です。一度はこの言葉を使ったことがあるはず。

いったい、「殆ど」は何と読むのでしょうか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「ほとんど」でした!「幾ど」と書く場合もあります。

殆どは、「ほとほと」が音変化してできた言葉です。ちなみに、ほとほとは困り果てた様子を表しています。

文章を作成しているときに殆どの言い方を変えて表現したい場合は、大部分や大方という言葉に変換することが可能です。

「殆どの賛同が得られた」という場合には大方を、「殆どできあがっている」という場合には大部分と大方の両方を使うことができます。

殆どは類語が多く変換しやすいので、文章のバリエーションを増やしやすいですよ。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com