Ray

【時雨】はなんて読む?ビジネスや手紙の挨拶で使用することも!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【時雨】はなんて読む?ビジネスや手紙の挨拶で使用することも!
普段の生活でよく使う言葉なのに、実は間違って読んでいた!そんな漢字、意外と多いですよね。今回は、大人でも間違えてしまいがちな常識漢字クイズをご紹介。就活や社会人生活で恥をかかないように、今一度確かめておきましょう!
目次
  1. 「時雨」は何て読む?
  2. 果たして、正解は?

「時雨」は何て読む?

時雨の読み方は熟字訓です。漢字ごとではなく単語で読む漢字なので、一文字ずつの読み方が分かっていても単語自体の読み方が分からないと読めません。でも、使われている漢字から読み方が連想できるかも。

いったい「時雨」は何と読むのでしょうか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「しぐれ」でした!「じう」と読むこともあります。

時雨とは、秋から冬にかけて通り雨のように降ったりやんだりする天候のこと。

日常生活ではあまり使わないかもしれませんが、俳句の季語やビジネスメールや手紙のあいさつとして使うことができます。

「時雨の折」「時雨の候」「時雨のみぎり」のような使い方ができるので、冒頭のあいさつとして書いてみてはいかがでしょうか。

もし使うなら、時雨が起こる時期のあいさつとして使用するので、使う時期を間違えないように注意してください。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com