Ray

なんとかした~い! お疲れ肌にまずためしてほしい3つのケア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
なんとかした~い! お疲れ肌にまずためしてほしい3つのケア
夏のダメージも完全にリセットできていないなか、季節の変わり目ということも加わって「お肌がお疲れモード」と感じている人も多いのでは? 肌の疲労が深刻になるとハリ低下…さらにはたるみにつながることも。マッサージを取り入れたり、スキンケアを見直すことで若々しい元気肌を復活させましょう。
目次
  1. 1.化粧品の「効き」を向上させるふきとり化粧水を取り入れる
  2. 2.プレエイジングケアのコスメを取り入れるのも手
  3. 3.リフトマッサージでほうれい線にカツ!

1.化粧品の「効き」を向上させるふきとり化粧水を取り入れる

お疲れモードの肌は化粧品の浸透力が低下していることが多いもの。ふきとり化粧水を取り入れれば、次に使う化粧品の浸透がぐっとアップ。「いつもの化粧品なのになんだかしっかり入っていってる♡」が実感できるでしょう。

2.プレエイジングケアのコスメを取り入れるのも手

肌の疲れがなかなかとれない…そんなときは初期老化のサインという可能性も。若い人向けに開発されたエイジングケアアイテムは肌を健康に戻すだけでなく、老け防止にも最適です。

3.リフトマッサージでほうれい線にカツ!

ハリ、水分、油分が失われたお疲れ状態が続くと、若くてもほうれい線が目立つことも。しかも、放っておくと「刻まれて」しまう恐れもあります。マッサージで肌アゲをしましょう! オススメのマッサージ法をご紹介します。

1.両手にこぶしをつくって親指をそろえて立て、あごの骨の際にグッと入れ込みます。人差し指の側面とで骨をつかみます。

2.力を緩めずに、グーッと骨の際に沿って耳たぶの後ろまで押し流していきます。5回ほど繰り返して。

お供にはクリームがイチオシです。

夏の疲れをきちんとリセットして、秋も元気肌で行きましょう。

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com