Ray

「形相」の正しい読み方は?ドラマや映画のセリフにも登場!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「形相」の正しい読み方は?ドラマや映画のセリフにも登場!
普段の生活でよく使う言葉なのに、実は間違って読んでいた!そんな漢字、意外と多いですよね。今回は、大人でも間違えてしまいがちな常識漢字クイズをご紹介。就活や社会人生活で恥をかかないように、今一度確かめておきましょう!
CONTENTS
  1. 「形相」ってなんて読む?
  2. 果たして、正解は?

「形相」ってなんて読む?

「形相」の正しい読み方と意味を知っていますか?

「形」と「相」という漢字からは少しイメージしにくいかもしれませんが、ドラマや映画、小説などではよく使われている表現の1つです。

「鬼の形相」というフレーズで聞いたことがあるかもしれません。

さて、「形相」は何と読むのでしょうか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「ぎょうそう」でした!

形相は「ぎょうそう」と読むことが多いですが、「けいそう」とも読むことができます。

形相とは、顔つきや表情という意味。主に、嫉妬や怒り、不満などのネガティブかつ激しい感情の顔つきを表すときに使う言葉です。

例えば、「彼女は彼の浮気を知って鬼の形相となった」や「犯人はすさまじい形相で人質を睨んでいる」、「いつも優しい先生の表情が怒りの形相に変わった」というように使います。

小説の一節やドラマ、映画のセリフでは登場する機会が多い表現ですよ。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com