Ray

【中村里帆】SNSドラマ初出演♡インフルエンサーが多数出演する『#対決落語』の撮影現場のウラ話!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【中村里帆】SNSドラマ初出演♡インフルエンサーが多数出演する『#対決落語』の撮影現場のウラ話!
テレビドラマに多数出演しているRayモデル中村里帆が今回SNSドラマ初出演!ということで今回出演する『#対決落語』についてりほてぃに取材してきました♡ 撮影の雰囲気やりほてぃが演じた落語家の役作りなど詳しく聞いてきたので是非チェックしてみてね♡
Check! 1

SNSドラマ『#対決落語』は若い世代にぜひみて欲しい!!

SNSの中でいちばんハマっているのは?

TikTokです!永遠と流れてくるから1回見始めたら止まらないんです。夜に見てしまうので寝不足続きです!共演者の子たちがTikTokのプロばっかりだったので、色々教えてもらうこともできました!TikTokのアカウントを作ったのがちょうど撮影初日の日だったので、タイミング的にはすごいよかったです。

Instagramはどうしても着飾る場というか自分が出た作品や雑誌で綺麗にとってもらったものをあげる場だったので、TikTokで素の自分を広めていけたら良いなと思って始めました。ドラマとか雑誌では見せられない部分をTikTokではあげられたら良いなと思います。でもなかなか難しい・・・。

SNSドラマはみたことある?

地上波ももちろん見てるけどYouTubeのドラマって地上波のものよりも10分くらいで短いので、いつでも再生できるっていうこともあって私自身も見ている時間が長いですね。このドラマも1話10分くらいなのでパパッと見てもらえるかなと思います!全6話で凝縮されているのでスピーディーに話も進んで行きますし、見やすいと思います。

実際にSNSドラマが決まった時の感想は?

手軽に見られて多くの人に見てもらえるので、出たいなとも実際に思っていました!それぞれTikTokだったりYouTube、Instagramで活躍している子達もいっぱいいたので、なおさら見てくれる人はたくさんいるだろうなと思って、自分もこのドラマの中に入ることができてすごく嬉しかったです。

Check! 2

撮影現場はSNSの勉強の場でした(笑)

撮影現場の雰囲気は?

Rayとは全然違う雰囲気でした!みんな個性豊かで、今まであったことのないタイプの子が集まっていて、見ているだけで楽しかったです。私が一番年上でその次が一個下とかでそんなに年齢差があるわけではないんですけど「若いな〜」って思いました。

みんなTikTokなどのプロたちだったので休憩中に教えてもらってました!"今こういうのが流行ってる"とか、"こういう踊りができなかったら流行に乗り遅れてるんだ"とか、"なにその単語!"とか…知らないことばかりで現場の雰囲気に若いなと思うのが初めての感覚でした。そんな私もみんな優しく輪に入れてくれて、無事着いていくことができました!踊りもいっぱい教えてもらえて楽しかったです。

今回の役どころについて教えて!

対決落語という実際にはない競技のお話なんですけど即興落語を自分たちで作って、30秒間という限られた時間の中で音楽に合わせて落語をして、一対一で対決をするんです。私が演じたのは基子という師匠についている女の子なんですけど、きっちり三つ編みをしてど真面目みたいな、静かそうな雰囲気の子です。

でも落語愛がとにかく強くてメンバーを集めるためにみんなをストーカーしたりだとか、大好きな落語のためならなんでもする!というような熱い女の子です。なのでクラスの委員長のようなまとめるのが上手で、チームの温度をあげられるような女の子をイメージしました。

衣装ではきちんとした着物を着させてもらったんですけど、私の髪型が基本的にずっと三つ編みなんです。着物自体は赤ですごく綺麗だったんですけど、それを三つ編みがいい感じに中和させてくれて、綺麗すぎないクスっと笑えるような"THE昭和の女の子"になっています。

役作りで大変だったのは?

声のトーンや喋り方は"どうやったら基子らしさが出るんだろう"と最後まで一番悩みました。セリフや台本に基子がボケるセリフが何個かあって、そこは"目一杯やろう!"と思って、実際にみんなに笑ってもらえるように心がけました。

みなさんが思い浮かべる落語ってめっちゃ長いと思うんですけど、今回の作品は30秒間なのでラップみたいなんです。だから長いというわけではないけれど、音楽に合わせて話さないといけないので、それがすごく難しくてどこにいてもずっと落語を呟いてました。

空き時間や日常生活でも常に練習のために買った手ぬぐいと扇子を持ち歩いていました。セリフを言いながらの動きが難しかったので一刻も早く慣れるために、ずっと持ち歩いて練習していました。

落語に興味は持った?

実はこのドラマのお話をいただく少し前にいくつか落語のドラマを見ていました。落語に興味を持っている状態でお話をいただいたので、"自分も落語ができるんだ"、"落語家になれるんだ"って思ってワクワクしました!

YouTubeでも落語を見ていたんですけど、好きな落語家さんを見つけるとその人の作品をずっと漁っちゃいました。毎日公演をやっている劇場があるので、撮影前に実際に見に行きました。YouTubeでももちろん面白さは伝わるんですけど、生で見るとより一層情景が思い浮かぶというか、すごい引き込まれました。

Check! 3

Rayで見せている中村里帆とはまた違う私をみてください

Rayの読者さんの中で落語が好きっていう人はあんまりいないと思うし、落語って難しいとかお堅いというイメージを抱いている方が多いと思うんですけど、このドラマでそのイメージがガラッと変わると思います。

私はこの競技が実際にできたらいいなって思うくらいすごく魅力的な競技だと思ったのでみなさんにもそれを見て欲しいです。また一切落語に興味がなかった子たちがどんどん落語にのめり込んでいく姿を見て、Ray読者の方も一緒に落語のトリコになってくれたらいいなと思います♡

Information

『#対決落語』

なえなの、中村里帆、宇佐卓真、福田一華、八神慶仁郎という総フォロワー数1400万人超えの人気インフルエンサーが数多く出演する「Yay!」で出会った仲間たちが、対決落語という競技を通じて切磋琢磨していくSNSドラマ。

▶︎対決落語特設サイトはこちら

撮影/沼尾翔平 ヘア&メイク/いたつ 取材・文/福田莉於

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事