Ray

「会釈」ってなんて読む?日本人なら身につけておきたいマナー!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「会釈」ってなんて読む?日本人なら身につけておきたいマナー!
普段の生活でよく使う言葉なのに、実は間違って読んでいた!そんな漢字、意外と多いですよね。今回は、大人でも間違えてしまいがちな常識漢字クイズをご紹介。就活や社会人生活で恥をかかないように、今一度確かめておきましょう!
目次
  1. 「会釈」ってなんて読む?
  2. 果たして、正解は?

「会釈」ってなんて読む?

偶然、駅で親戚とすれ違ったため会釈した、買い物をしている友人を見かけたので軽く会釈した。

あなたもこのように「会釈した」経験があるでしょう。そんな日常的に使う「会釈」を「かいしゃく」と間違って読んでいませんか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「えしゃく」でした!

「会釈」とは、あいさつのために相手に軽く一礼することを意味しています。「会釈」はお辞儀の一種。

お辞儀は頭を下げる角度によって「会釈」「敬礼」「最敬礼」の3つに分かれています。「会釈」は、頭を下げる角度が約15度のもっともカジュアルなお辞儀です。

さて、あなたは偶然知り合いに会った時、どのような行動をとりますか。とても仲の良い友人であれば声をかけることができるでしょう。

しかし、そこまで親しくない人や、顔は知っているがあまり話したことがない人、苦手な人などいろいろな人と偶然出会うこともありますよね。

こんな時に活躍してくれるのが「会釈」です。言葉を発することなく軽く頭を下げてあいさつ。

これだけで相手に失礼になることもなく、その場をやり過ごすことができます。状況に応じて「会釈」を活用してみて下さいね。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com