Ray

「水馬」の読み方はなに?水の上をすいすい動くあの虫!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「水馬」の読み方はなに?水の上をすいすい動くあの虫!
日常生活で使う機会はあまりないけれど、知ってるとちょっと自慢できる!そんな難読漢字を今回ご紹介します。社会人の多くが間違えてしまうこの漢字、あなたは読めるかな?
目次
  1. 「水馬」の読み方はなに?
  2. 果たして、正解は?

「水馬」の読み方はなに?

「水馬」に使用している漢字は、どちらも小学生で習うので簡単に読めそうですよね。でも、読もうとしても読めない人が多いのではないでしょうか。そのまま読めば「みずうま」ですが、これは正解ではありません。

「馬」という字が付きますが、馬みたいに大きな生き物ではなく、手のひらより小さい生き物なんです。田んぼや湖、雨の日の水たまりなどで見たことがある人も多いはず。

いったい「水馬」はなんと読むのでしょうか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「アメンボ」でした!「すいば」と読む場合もあります。

アメンボは、昆虫のアメンボ科に属する生き物の総称です。「ミズグモ」や「アシタカ」などの別名があります。

アメンボの名前の由来はいくつかあり、一つ目はアメンボの生態に関するもの。アメンボは、「棒」のようなフォルムをした生き物です。体の中央あたりに臭腺があり、そこから「飴」のニオイのような甘いニオイを発生させてることから、「飴」と「棒」で「アメンボ」と名付けられたという説があります。

二つ目は、雨に関するもの。雨が降った日は、水たまりでアメンボをよく見ますよね。そのことから「雨ん坊(アメンボ)」と名付けられたとも言われています。どちらの説も、アメンボの特徴を捉えた分かりやすい表現ですね。

ちなみに「水馬」を「すいば」と読む場合は違う意味になり、江戸時代の行事のひとつを指します。「馬に乗って水を渡る」という言葉通りの行事です。「アメンボ」も「すいば」も水が大きく関係しますが、全く違う意味になってしまいますね。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com