Ray

知ってたら自慢できる!かき氷のシロップに隠された大きな秘密とは

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
知ってたら自慢できる!かき氷のシロップに隠された大きな秘密とは
日常生活で使う機会はあまりないけど、知ってるとちょっと自慢できる!今すぐ誰かに教えたくなる【雑学&豆知識】をお届けします。
目次
  1. かき氷のシロップに秘められた衝撃事実とは?
  2. 果たして、正解は?

かき氷のシロップに秘められた衝撃事実とは?

夏の暑い日はキンキンに冷えたかき氷を食べたくなりませんか?

夏祭りの屋台では、イチゴやメロン、ブルーハワイ、レモンなど様々なシロップがあり、自由にかけられるときはたくさんかけてしまいたくなりますよね。

そんなかき氷のシロップには、信じられないほど衝撃的な秘密があるのを知っていますか?

これを知ったらかき氷を見る目が変わるかも……!?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

カラフルなかき氷のシロップ、実はどれも同じ味なんです!

市販のかき氷のシロップはほとんどが「果糖ぶどう糖液糖」が原料になっていて、どれも味自体は変わりません。

でも、イチゴ味はイチゴの香りがするし、メロン味はメロンの味がしますよね。

それはかき氷シロップには香料と着色料が入っているからなんです。

人間は食べ物の味を感知する際に、嗅覚と視覚の情報も駆使しています。

イチゴ味のかき氷であれば、赤い着色とイチゴの香りによってイチゴの味がすると脳が解釈しているのです。

最近では、果汁をふんだんに使ったかき氷などもあるため、一概にすべてのかき氷が同じ味とは言えません。

しかし、スーパーで見かけるようなかき氷シロップは大半が果糖ぶどう糖液糖で作られているので、味の違いが気になる人はおうちで試してみてください!

いかがでしたか?

会話のネタにもなる豆知識、家族や友達にもシェアしてみて!

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com