Ray

【日向坂46・佐々木久美】うれしすぎて涙が出た!?Ray初表紙の感想を語る♡

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【日向坂46・佐々木久美】うれしすぎて涙が出た!?Ray初表紙の感想を語る♡
日向坂46・佐々木久美こと「くみてん」が、6月号でRay初表紙を飾ってくれました♡ ということで、くみてんのアタマの中を占拠していることをインタビュー。今回は、表紙撮影までに取り組んだことや、当日の裏話を教えてもらいました!

Ray初表紙の感想は?

Rayモデルになってからカバーを飾るのがずっとずっと夢だったので、スタッフさんから事務所で報告を受けたときはうれしすぎて涙が出てしまいました。「ちょっと来て」って個室に呼ばれたから、「え?もしかして私Rayをクビになるのかな?」って想像して心臓がバクバクしたんですけど、その反対のうれしいサプライズで本当によかったです(笑)。

せっかくの初表紙だから万全のコンディションでのぞまなきゃって思って、その日の夜から早速お肌やボディのメンテナンスをスタート。私、すっごくめんどくさがりな性格でこれまで自宅で保湿用のスチーマーを使ったことなんて数えるほどしかないんですけど、撮影前の1週間は毎日頑張りました。

いつもはお風呂に入るついでに落としていたメイクも「肌に負担がかからないようにしなきゃ」って思って家に着いたらすぐにクレンジングするように徹底。

夏直前の号だから薄着になるかもって思って、マッサージや整体に通って、体の歪みもリセット。せっかく整えた体が歪まないように、あお向けで寝るようにしてました。いつも横向きだからこれがつらかった〜(笑)。

ダイエットは今まで成功した試しがないので、このままナチュラルな感じでいこうって決意。今より太らないように夜ごはんを18時くらいにすませてました。「夜中にお菓子やカップラーメンを食べない」ってルールも厳守。お腹が鳴ったら「起きたらおいしいものを食べよう」って自分に言い聞かせてベッドに入るようにしてたかも。

ちなみに朝ごはんは酵素とビタミンがお肌にいいって聞いて、なるべくフルーツを口にするようにしてました。

表紙撮影は、緊張より楽しさが上回りました!

撮影当日は、楽しみな気持ちとドキドキが背中合わせ。朝出かける前、神様に「今日はうまくいきますように」ってお祈りしてから玄関を出たんですけど、スタジオに着いたらスタッフさんの数がいつもの撮影よりたくさんいたのもあって緊張。

「表紙を撮るんだ!」って実感がどんどんわいてきて、ヘア&メイクをしていただいている間はちょっぴり緊張してたんですけど、いざ撮影が始まったら楽しすぎた♡ カメラの前ではしゃいでいたら一瞬で終わってしまいました。最高に幸せな時間に、感謝しかないです。

今よりもっと素敵なモデルになりたい!って思うと努力も楽しめちゃいます♪

撮影は自分の中では100点! 佐々木久美のいろんな表情をお届けできたと思うんですが、みなさん、いかがでしたか......?パーソナルな部分もいっぱい語らせていただいたので、これをきっかけにもっと私のことを知ってもらえたらうれしいです。お友達にも広めてほしいなー、なんて♡

モデルとして自信はないけど...

Rayモデルになった頃の私は本当にダメダメすぎた!全然動けないし、表情のバリエもないし洋服も上手に見せられなくて反省の連続。でも、先輩の撮影を見せていただいたり自分なりにポージングを勉強する中でマイペースではありますが成長できてるのかなって思います。

ファッションもメイクも大好きだから、撮影の現場はいつもすっごく楽しい。これからも素敵なモデルをめざして頑張るので、応援よろしくお願いします。

あわせて読みたい

Photograph/Yuri Hanamori Design/Manabu Satoh(Stellablue)Hair&make-up/Miho Matsuda Styling/Ayana Otsuka Model/Kumi Sasaki(exclusive)Text/Rina Ishibashi

RELATED

関連する記事