Ray

【早稲田大学×女子大生】公認インカレ♡ 未経験でも安心!フットサルサークル「Espiga」を調査

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【早稲田大学×女子大生】公認インカレ♡ 未経験でも安心!フットサルサークル「Espiga」を調査
有名大学のサークルはキラキラして楽しそうだけど、一体どんな活動をしているのか気になる…!ということで今回は、早稲田大学公認のインカレ「Espiga(エスピガ)」さんを徹底調査♡ 未経験者でも安心して楽しめるフットサルサークル。法政大学、上智大学、日本女子大学、東京女子大学、昭和女子大学など...女子大生必見!
CONTENTS
  1. サークル情報
  2. どこ大学の子が多いの?
  3. 年間スケジュール
  4. おすすめのイベント&魅力
  5. こんな仲間がいます♡
  6. 意外と気になる先輩たちの就職先
  7. 1年生にメッセージ♡

Check! 1

サークル情報

Espiga(エスピガ)は、男の子も女の子も皆で楽しむことを目的に活動している早稲田大学の公認フットサルサークルです!

毎週金曜日の18:00〜20:00に吉祥寺にあるフットサルコートで皆で仲良く活動しています。

女の子はほぼ100%初心者で、男の子も経験者でなくとも楽しむことが出来ます!

また年4回の合宿や季節ごとのイベントもあるので、学年や男女関係なく誰とでも仲良くなれるのが、エスピガの魅力の1つです!

●サークル名
Espiga(エスピガ)

●SNSアカウント
Twitter   @espiga2021
Instagram   espiga_waseda

●人数
150名(男女比1:1)

サークル自己評価(5点満点)

イケイケ度★★★☆☆
美男美女度★★★★☆
サークル内恋愛度★★☆☆☆
お金がかかる度★★☆☆☆
飲みサー度★★☆☆☆

Check! 2

どこ大学の子が多いの?

男の子は全員早稲田生で女の子は色々な大学から来ている、いわゆるインカレです!

男の子は政治経済学部をはじめスポーツ科学部以外の全ての学部に先輩がいます!理工学部の先輩も多く在籍しています!
女の子は法政大学や上智大学の子もいれば、女子大では日本女子大学や東京女子大学、昭和女子大学など本当に様々な大学から来ています!

Check! 3

年間スケジュール

【4月】新歓 

【5月】新歓バーベキュー

【6月】新歓合宿、学年キャンプ

【7月】全体ディズニー

【8月】夏合宿

【9月】Espiga杯(サークル内大会)

【11月】学祭、大会合宿

【12月】クリスマスパーティー

【1月】新年会

【2月】冬合宿

【3月】追いコン

Check! 4

おすすめのイベント&魅力

和気あいあいと楽しい雰囲気の練習


普段の練習では、学年・男女関係なくチームになってフットサルをするミックスと、男女別の2種類があります!
ミックスでは、和気あいあいと楽しくフットサルをしています!
男女別では、男の子は本気でプレーするので、男の子のカッコいい所が見れるかも!?
女の子も初心者ながら一生懸命ボールを追いかけるので、思わず応援したくなっちゃいます(笑)

なんと言っても夏合宿!

年間スケジュールにもあるように、新歓合宿や全体ディズニーを経ての夏合宿なので、既に仲が良い状態で行く合宿はもう最高です!

その他のイベントも豊富♡


他にも6月・11月・2月にそれぞれ合宿があるので、学年・男女問わず仲良くなれます!
また、BBQやクリスマスパーティー、新年会など季節ごとのイベントもあるので楽しめること間違いなし!

Check! 5

こんな仲間がいます♡

エスピガの盛り上げ隊長....のぞみ!

頼りになる女子幹事長.....すみか!

我らがエスピガの幹事長....しゅんすけ!

エスピガのイケメン担当....たかあき!

Check! 6

意外と気になる先輩たちの就職先

本当に色んな大学から来ているので就職先も様々です!
遊びにも全力なエスピガですが、国家公務員の先輩もいるので文武両道と言えるかもしれません。
就職で迷っても、色んな大学・学部の先輩が在籍しているので相談に乗ってもらえるのもグッドポイントです!

Check! 7

1年生にメッセージ♡

エスピガはコートのキャパシティ上、毎年抽選が行われているサークルです!

毎年4月に行われる新歓練習に参加しないと入会希望が出せないので、ぜひエスピガのTwitterやInstagramをフォローして、各種SNSで出される案内に沿って新歓に参加していただきたいと思います!
エスピガに入れば、大学生活の青春は約束されたと言っても過言ではないくらい本当に楽しいので、ぜひ新1年生や入会を考えている人は新歓にお越しください!
サークルメンバー一同、お待ちしています!

あわせて読みたい

取材・文/布目優実

RELATED

関連する記事