Ray

うっかりしてた!夏の天敵日焼け問題!【予防・アフターケア・美白マメ知識】

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
うっかりしてた!夏の天敵日焼け問題!【予防・アフターケア・美白マメ知識】
日差しが強い季節、普段よりも日にあたってません?レジャーなども多いこの時期、日焼けは気をつけたいところ。うっかり日焼けしてしまった人も大丈夫!!今回は、予防の基本はもちろん!ダメージによってのケアメニューも紹介。肌老化を防ぐ為の日常ケアなど、夏の日焼け問題を徹底的に解決!

①まだ間に合う!予防ケアをおこたらず!

日焼けをしてしまう前に、まずは事前ケアを行うことが大切。いつもより日を浴びてしまっても、全く予防しないよりも肌ダメージは少なく済みます。日焼け止めの塗り方など、基本の基本から学んで行きましょう。

どのくらいで塗り直すの?

日焼け止めは小まめに塗り直すとより効果が高いのは当然。出来れば、2~3時間おきに塗り直すのが理想的。だけど現実的にはなかなか難しいので、外出前などには手軽なUVパウダーで上からベールを。

量はふどれくらい?

環境省が定めている塗布量は、

乳液タイプなら1円玉×2

ジェルならパール大×2

全顔にそれぞれ1つ分を、ほおや鼻などの高い位置だけ上から重ね塗りを。

②アフターケア、美白ケアはダメージ量でケア方法を変える

毎日のステップで美白アイテムを使用しつつ、特に紫外線ダメージを受けた日は集中ケアに置き換え。

ヒリヒリ赤く日焼けしちゃったら

やけど状態!低刺激化粧水でとにかく冷却&保湿

日焼けをして赤く腫れ上がっている肌はやけどと同じ。自宅でケアをするなら、プチプラ系の配合成分が少ない化粧水を冷蔵庫で冷やして、肌の熱をとりながら保湿して!

レジャーなど、いつもより日を浴びたとき

シミになる前にせき止める、トラネキサム酸かカモミラETに美白成分をセレクト

日を浴びてしまったときには、メラニン生成の信号が届く前にケアすべき。そのためには、トラネキサム酸かカモミラ成分の入ったアイテムをスキンケアにプラスして。

日常使いには

いつものスキンケアに美白美容液を追加

シミができてしまう前に、予防ケアとして美白美容液を1本プラスしておいて。できてしまったシミには、ビタミンC誘導体配合アイテムで対策をすると、効果が期待できる。

◆美白のマメ知識◆

老化の原因はUV-A。防ぐには日常的なUVカット

加齢による肌老化は20%ほどなのに対して、UV-Aによる肌老化は残りの80%を占めるといわれている。いかに日常ケアが大切かを物語る数字。

色白の人ほど老けやすい!?美白ケアは色白でも徹底

メラニンは茶色の傘。色が黒い人は傘がたくさん開いている状態。反対に色白の人は閉じているから、すべて吸収してしまって老化を早める原因に。

いかがでしたか?日焼けも肌トラブルを生む原因のひとつ!まだまだ日差しの強い後半戦。白肌で乗り切るor白肌に戻すためのお手入れを!

RELATED

関連する記事