Ray

吉田朱里と学ぶアイメイク術♡マスクでも美人の秘密は《抜け感》にアリ!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
吉田朱里と学ぶアイメイク術♡マスクでも美人の秘密は《抜け感》にアリ!
マスク生活が長引き、これまで以上に目元の印象の重要度が増す一方、マスクオフも想定しなくちゃいけないのが課題。そこで今回はなりたい理想に近づきつつマスク着脱前後のギャップも減らす、バランスのとれたアイメイクを伝授。ちゃっかりなりたい雰囲気も作れるので参考にしてみてね♡

ニューノーマルなアイメイクは抜け感の作りどころがキモ!

「1つ盛ったら2つ引き算」を意識

マスク着用時は、肌がおおわれるため「顔の余白= 抜け」が少なくなり、通常よりもアイメイクが濃く見えることを念頭に。これまで以上に"しない "メイクを心がけるとバランスがとれて、ちょうどいい今っぽ顔になれる!

今回使用するのはコレ♡

①エスプリークメロウフィーリングアイズBR372 3,080円(編集部調べ)/コーセー
▶︎肌の黄ぐすみを飛ばし目元を明るくしてくれる。

②ヴィセリシェブラウンズクリーミィペンシル BR303 1,045円(編集部調べ)/コーセー(5/16発売)
▶︎大人な抜け感のあるグレージュブラウン。

③ハイボリュームマスカラ02 3,850円/RMK Division
▶︎一本一本を全方位からキャッチし、太く濃いまつ毛を実現。

④プロフェッショナル3Dブロウマスカラ103 1,320円/リンメル(限定)
▶︎ファイバー入りで立体的に仕上がる、オレンジブラウンの眉マスカラ。

How to 1

アイカラーは引き算が大事◎

まぶたは締めずに魅せる透けベージュ

マスクをしていると目元のカラーが印象を大きく左右するから、まぶたは素肌の延長くらいのニュアンスで仕上げると、万人ウケかつメイク上級者見え。キラキラも発色も控えめにすると上品に。

①血色ベージュをなじませる

上まぶたにパレット右から2番目のカラーをのせる。色をなじませるため、指塗りで。

②涙袋はワントーン明るく

パレットの右2色を混ぜ、下まぶた全体にオン。涙袋は少し明るくして、光をキャッチ!

③目尻側にだけラインを引く

上まぶたの黒目外~目尻のきわに細くラインを引く。目の形に沿うように2mm目尻を延長!

How to 2

マスカラは盛るのが大事◎

目ヂカラはまつ毛で出す!

シャドウで盛らないぶん、まつ毛でしっかり印象づけたい!とはいえ黒々とした太ラインやバサバサまつ毛はやりすぎ。丁寧にセパレートしたブラウン美まつ毛で、デカ目を作るのが得策です!

①ぱっちりまつ毛で目力を

根元から上向きにカールさせる。ブラウンマスカラを上下のまつ毛にたっぷり塗り、ぱちっと!

②ダマは丁寧にオフする

まつ毛をコームでとかし、ダマをとる。マスク着用時は、目元に視線が集中するので要注意。

How to 3

アイブロウは引き算!

眉はいつもより印象ひかえめが◎

目力をほどよくゆるめるために、眉毛は明るめに。髪色よりワントーン明るめのものを選んで。マスクをとったときアイメイクだけ盛りすぎに見えず、バランスのいい好印象な仕上がりに。

ワントーン明るめでやわらかく

眉マスカラを全体に塗り、カラーリング。毛流れを整えながら塗って、きちんと感も出して。

親しみ度が高いブラウンメイクが完成♡

ニット7,700円/ウィルセレクションルミネエスト新宿店 イヤリング330円/ラティス マスク/スタイリスト私物

あわせて読みたい

Photograph Kentaro Kambe(model)Yuki Ueda(still)Hair & Make-up Wakana Goto(ROI)Styling Nozomi Shirota(KIND)Model Yoshida Akari(exclusive)

RELATED

関連する記事