Ray

実力派俳優【笠松将】アタマの中身をのぞき見♡

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
実力派俳優【笠松将】アタマの中身をのぞき見♡
最近注目の俳優と言ったらこの人、笠松将さん。『君と世界が終わる日に』では、クールで現実主義者の警察官・等々力比呂役を演じています。そんな笠松さんは、インタビュー時もとっても真摯♡  真っ直ぐな眼差しで一言一言丁寧に、ドラマの見どころや、バレンタイン&ホワイトデーの思い出を語ってくれました。
Check! 1

話題のドラマ『君と世界が終わる日に』はいろんなものが詰まってます

ジャケット55,000円、シャツ32,000円、パンツ30,000円、スニーカー33,000円/以上ホワイトマウンテニアリング(ホワイトマウンテニアリング ☎03-6416-5381)

ドラマは生死の極限状態を扱う内容ですが、一番過酷だったシーンは?

そうだな……僕は主人公の響(竹内涼真さん)と対立する役なんですけど、1~4話までは同じ場所にいながら対立してるんです。そのシーンは、やっぱり撮っていてやりがいもあったし、緊張もしたし、不安にも思ったし、完成が楽しみでもあったし……色んなものが自分にとっては詰まっていた印象ですね。

そんな役を演じるために、準備したことは?

台本をもらって撮影までの期間に、弓道を習ったり、みんなで話したりとかはしましたけど……それ以外、僕は特別なことはやっていません。変わらずに、今までやってきたことをちゃんとやる。それだけですね。

その、今までやってきた「こと」とは?

変な答えに聞こえるかもしれないけど、演じる上でセリフを覚えるのことが、僕は一番大変です。本当、それが一番難しいです。セリフも、1話を撮っている時に、話の展開が変わっている3話を覚えないといけなかったりすると、気持ちが引きづられたり、肉体的にも疲れが溜まっているとうまく集中できなかったりして。あとは、朝起きるのも大変です(笑)。

Check! 2

オフの時には「全力でオフる」ことを徹底!

公式のインスタでは、共演者のみなさんとても仲がよさそうですね

そうですね。朝早くから、相手の胸ぐら掴むようなアクションして、血まみれでゾンビから逃げて、叫んで……そこで「カット!」って声がかかると、無意識に笑い合ってたりします。もちろん、撮影シーンによっては、笑えない場面もたくさんあるんですが、そこに集中するためにも、芝居をしていない時は「全力でオフる」ことにしています。じゃないと、体も心ももたないし、危ないんです。

撮影で危険な目にあったことがあるんですか?

そうならないために、この現場では、事前に全部話し合ってから動いています。色々な取り組み方があると思いますが、ここでは仲が悪い役でも、まずは仲良くなってから、仲を悪く演じてるんです。コミュニケーションが取れているから、今日のシーンは、こういう意図で演じたいよね、とかやっぱ違う気がするから、監督に相談してみようとか、監督に一緒に話し合いができる、そんな空気感の現場です。

Check! 3

ロジカルで合理的な部分は自分が演じている等々力と似てるかな

現在演じている等々力比呂と似ている部分はありますか?

結構、僕に近い部分もあると思っています。ロジカルでより合理的に、可能性高い方にかけていくっていう、彼の考えや行動がよく分かる。彼は少し拗らせていますが、でもあの世界にいれば、そうなってもしょうがないですよね。

もし、現実世界でゾンビ(ゴーレム)に襲われたら?

状況によりますね(笑)。家族や仲間がいるのか、自分一人で孤立しているのかでも違ってくるし。食料や車など、今何を持っているのか、どこが安全なのか、等々力のように、まずは冷静に情報を整理してから考えるかな。でもまぁ……本当にそうなったら、大冒険はしません。きっと家に籠って、ご飯がなくなったら、人生これで終わり! ってなると思います(笑)。

Check! 4

これからのドラマの展開はびっくりすることが起きます!

主人公の響とヒロインの来美、笠松さん演じる等々力の三角関係の行方は?

えっと……3人の恋愛模様と聞かれたら、そんなには描かれません。でも「4人の恋愛模様」と聞かれたら、描かれますと言えます。まぁ、それが誰と誰になるのかは、まだ言えませんが(笑)。

今後のドラマの見どころを教えてください!

台本を読んだ時、ダメだろ死んじゃ! って共演者のみんなが口にしたほど、7話で「一番死んではいけない人が死にます」。その登場人物が死ぬこと自体泣けてくるし、その人の死によって、周りの人間がどんどん変わっていってしまう様を、ぜひドラマで確認してください。

Check! 5

ある理由があって中学まではモテ期⁉でした

もうすぐホワイトデーですが、毎年「お返し」が大変だったのでは?

全然そんなことありません。僕、チョコが大好きだって周りに言っているのに、大人になってからバレンタインデーにチョコをもらってない。差し入れとかならいただきますけど、本命が……。でも、小4から中学までは結構もらっていたんですよ、まぁ「ある理由」があるんですが。

その「ある理由」とは?

初めてチョコをもらったのが、小4のときだったんです。それも、その女の子の本命が学校を休んだから、当日代打のいわゆる「繰り上がり本命」で(笑)。その時、うちの母親が張り切って、ホワイトデーに1000円ぐらいのお返しを買ってくれたんですよ。それが「笠松にチョコあげると、いいものが返ってくる」と女子の間で評判になったらしく(笑)。中学ぐらいまで、お返しのおかげで結構チョコをもらっていました。

Pick up

極限の人間ドラマに釘付け! ドラマ『君と世界が終わる日に』

笠松将さんが出演している『君と世界が終わる日に』は、毎週日曜夜10:30から日テレ系で絶賛放送中! シーズン2は、Hulu3月配信開始です。お楽しみに。

profile

笠松将(かさまつ・しょう)

1992年11月4日生まれ、愛知県出身。主な出演作は『デイアンドナイト』、『おいしい家族』、『followers』、『花と雨』、『ドンテンタウン』、『ファンファーレが鳴り響く』など。現在、日本テレビ×Hulu共同製作ドラマ「君と世界が終わる日に」に出演中吉野竜平監督の『君は永遠にそいつらより若い』が2021年に公開予定。

撮影/booro スタイリング/徳永貴士 ヘア&メイク/SHUTARO(Vitamins) 取材・文/池田ゆき

RELATED

関連する記事