Ray

【調査レポート】お肌の凹凸をカバーするファンデーション選びで重視することは?1位は「艶やマットなど仕上がりで選ぶ」でした!

【調査レポート】お肌の凹凸をカバーするファンデーション選びで重視することは?1位は「艶やマットなど仕上がりで選ぶ」でした!

株式会社レビュー
株式会社レビュー(https://jafmate.co.jp/)が運営する暮らしに役立つ情報メディア「メイクアップ」( https://jafmate.co.jp/makeup/ )は、日本全国の10歳以上の方を対象に「3. お肌の凹凸をカバーするファンデーション選びで重視すること」についてのアンケート調査を実施しました。 その結果を公表します。



調査概要

調査対象:10代以降の男女
調査日:2022年8月
調査機関:自社調査
調査方法:インターネットによる任意回答
調査人数:150人(女性140人男性10人)
調査レポート:https://jafmate.co.jp/makeup/outotuhada/

*本アンケート結果を引用する場合は「メイクアップ」のURL( https://jafmate.co.jp/makeup/ )を使用してください。


調査結果サマリー

3お肌の凹凸をカバーするファンデーション選びで重視することをアンケートにて調査したところ、1位は「艶やマットなど仕上がりで選ぶ」でした。
その他についても、ランキング形式でご紹介していきます。


1位になったのは「艶やマットなど仕上がりで選ぶ」です。
2位以降は、「保湿成分や美容液成分配合」、「ファンデのタイプで選ぶ」と続き、「ウォータープルーフ」は7位という結果になりました。


1位:艶やマットなど仕上がりで選ぶ

・このご時世マスクが必須なので、マスクをしてもマットでサラサラ感が続くものが良いからです。よれにくさにも繋がってきます!(女性20代)

・艶タイプは軽めのものが多くカバー力はナチュラル、マットタイプは粉体が多く肌の凹凸にフィットしながらカバーできるものが多いので仕上がりイメージを重視します。(女性30代)

・実際のところはわからないけれど、マットな仕上がりであればその艶感が肌の凹凸を見えにくくしてくれていると思っているから。肌の凸凹を埋めてくれる気がする。(女性30代)

1位は「艶やマットなど仕上がりで選ぶ」でした。
マットなタイプや艶感があるものなど、仕上がりイメージを重視するという方が多いようです。



2位:保湿成分や美容液成分配合

・カバー力があるものが良いてすが、お肌に負担がかかりすぎるものは嫌だなと思います。コスパの良いものがいいです。(女性30代)

・ファンデーションをやる時はそばかすやしみ、ニキビなどを隠したいなと思い、ついつい厚塗りをしてしまうこともあり、肌に負担がかかるなあと思っているので保湿成分や美容成分が入ってるのはいいなと思う。(女性20代)

・ただでさえ毎日化粧をしなければいけないことがストレスになり、メイク落としをしないと肌が悪くなる…それなら付けている間も美容液のあるものの方がストレスが緩和されると思って選んでいます。(女性30代)

2位は「保湿成分や美容液成分配合」でした。
毎日のメイクで肌の状態を気にする方も多く、肌に負担の少ないものを選びたいという意見が多いです。



3位:ファンデのタイプで選ぶ

・粉タイプは化粧崩れがすごく目立ちやすく、夕方以降に凹凸がかえってひどく見えます。そのため、硬めのテクスチャのファンデーションを使用すると凹凸がうまくカバーされるのでタイプ別で選んでいます。(女性20代)

・外出する際に化粧をする為、シミそばかす防止のためにも日焼け止め成分が入っているタイプのファンデがいいと思ったからです。(女性30代)

・パウダーファンでが苦手なので、リキッドファンでを主に使用しています肌にピッタリつき、くすみやシミを隠してくれるのが好みです。(女性30代)


4位:低刺激タイプ

・厚塗りになってしまうイメージを持っているので、敏感肌なこともあり刺激が少ないものが良いと思いました。(女性20代)

・敏感肌なのでなるべく肌に負担がかからないタイプを選びます。肌の凸凹も気になるのでそれをうたう商品は必ず低刺激かどうかは確認します。(女性30代)

・カバーをするのは肌に刺激が強そうなイメージがありそういった事を考えると低刺激の物が1番魅力的に感じました。(女性20代)


5位:パールやラメ入り

・パールやラメなどが入っていると、肌を光らせてくれるのでハイライト効果で凹凸が目立たなくなりそうだから。(女性30代)

・ファンデーションにパールやラメが入っていると、光の反射で肌の凹凸が目立ちにくくなり、カバーできると思ったからです。(女性30代)

・肌の凹凸をプライマーやパウダーで埋めるのではなく、光を使って飛ばす、ぼかすことで厚塗りにならずに済むからです。厚塗りになると余計凹凸が目立つ気がします。(女性30代)


6位:化粧下地不要

・下地不要だとケアの時間が大幅に短縮できるし、夏場だと洗顔、化粧水、ファンデ、日焼け止めなど作業工程が多いので楽できるのは嬉しい(男性30代)

・化粧下地不要でも肌ツヤが滑らかに仕上がるなら良いと思いました。また、手間も省けるので時短にもなって便利だと思いました。(女性30代)

・肌の凹凸が気になる時は、目立たなくさせたいがために下地から塗り重ねてしまい、その結果肌荒れを起こしてしまったり、厚塗りになったりしてしまいがちなので、薄くてもカバーできる方が良いから。(女性40代)


7位:ウォータープルーフ

・乾燥肌なのでカサカサしたり、肌から潤いがなくならないようにしっかりと水分があるものを好んで使っています。(男性20代)

・凹凸をカバーできるとなるとしっかりメイクになると思いますが、汗やマスクなどでの化粧くずれが気になるためです。ウォータープルーフで毛穴落ちなどがしにくいものを選びます。(女性30代)

・汗をかくと皮脂とまざって化粧を落としてしまうので、ウォータープルーフのものを使って魔法が解けないようにしています。(女性20代)

「ウォータープルーフ」は7位でした。
汗やマスクなどで落ちてしまうと嫌だという意見がありました。



まとめ

150人にアンケートを行ったところ、「艶やマットなど仕上がりで選ぶ」と回答したのは全体の28.0%でした
また回答した理由として、タイプによって仕上がり具合を使い分ける、マスクをしていても崩れにくいものがいいといった意見が数多く見受けられました。
マスクをしていると崩れやすいということや、仕上がりイメージを重視している人が多いという傾向が見受けられます。
お肌の凹凸をカバーしたいという方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

■株式会社レビューについて
当社は、暮らしに役立つ情報サイト「さぶろぐ( https://sublogg.com/ )」を運営しています。
また、YouTubeチャンネルの運用やオウンドメディアの運営代行、パーソナルジムの運営なども行っております。

■会社概要
社名   : 株式会社レビュー
所在地  : 愛知県名古屋市中区栄5丁目26番地39号GS栄ビル3F
代表者  : 代表取締役 戸田悟
設立   : 2022年1月5日
資本金  : 100万円
事業内容 : WEBメディアの運営
URL   : https://jafmate.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com