Ray

今が旬の甘夏みかんで爽やかな初夏の味わいを「甘夏カフェラテ/甘夏ミルク」が4月18日 発売

今が旬の甘夏みかんで爽やかな初夏の味わいを「甘夏カフェラテ/甘夏ミルク」が4月18日 発売

猿田彦珈琲株式会社
~酸味の効いたレモンクリームジェラッテも登場~



 猿田彦珈琲株式会社(本社:渋谷区/代表取締役:大塚朝之)が運営するスペシャルティ・コーヒー専門店「猿田彦珈琲」は、、この度「甘夏カフェラテ/甘夏ミルク」を2023年4月18日(火)に発売いたします。この度、
3月~5月に旬をむかえる甘夏みかんを、これまでになかったアレンジでご提案!初夏を思わせる爽やかな雰囲気を醸し出す、新感覚のカフェラテになって登場します。甘夏みかんのジューシーな甘さと、華やかなフルーティさをもつ猿田彦珈琲オリジナルのエスプレッソブレンド「TOKYO ‘TIL INFINITY」がまさに好相性の組み合わせで、口の中に甘酸っぱさとほろ苦さの絶妙なハーモニーが広がります。
また、柑橘類の爽やかさがこの季節にぴったり、国産レモンを使用した「レモンクリームジェラッテ」が新登場。皮まで安心して食べられるレモンを使用し、果肉の酸味とピールの苦みを丸ごと味わっていただける、この時期におすすめしたいデザートです。
さらに、一部の限定店舗で「サルサミートとクリーミークリームチーズ」のホットサンドも発売になります。


■きらりと初夏の爽やかな日差しを感じられる「甘夏カフェラテ/甘夏ミルク」
 今年は一層お花が香る いちご風味のカフェラテ/ミルク「甘夏カフェラテ/甘夏ミルク」は、甘夏みかんとエスプレッソを使用した新鮮な組み合わせをお楽しみいただける一杯です。甘夏みかんの果汁やペーストを使用したオリジナルの“甘夏ソース”をベースにしたカフェラテで、少し日差しが強くなってくるこの時期にぴったりの爽やかな味わいドリンクです。ほんの少し加えた緑茶が隠し味になっており、甘夏みかんにピール感のような深みを与え、最後にはスーッとミントの風味が鼻に抜けます。さらに、トッピングにかかっている甘夏パウダーが、猿田彦珈琲で毎年大人気の、お花といちごのカフェラテ。甘夏の甘く爽やかな香りを一層引き立てます。
エスプレッソの入っていない「甘夏ミルク」は苦味が少なく、優しい甘さが飲みやすさのポイント。甘夏の甘酸っぱさがまろやかに広がります。
これから初夏に向けてどんどん気温も高くなってくる季節。体をクールダウンさせる一杯にもおすすめです。




■透明感が涼しげな「レモンクリームジェラッテ」
 暖かくなるこの季節にぴったりの甘酸っぱい「レモンクリームジェラッテ」が新登場。防カビ剤不使用の国産レモンを使用し、皮まで安心して食べられるので、レモンの果実のおいしさが丸ごと味わえます。
スッキリした甘さのレモンゼリーの上に、まろやかさとほんのり酸味のあるチーズムース、そしてレモンのジュレを合わせました。レモンゼリーにはローズマリー、レモンジュレにはミントが加えられており、ハーブのすっきりとした香りもプラスされています。
透明感の美しい、見た目にも爽やかな初夏を感じられるジェラッテです。





■ピリっとメキシカンなホットサンド「サルサミートとクリーミークリームチーズ」発売
 一部の店舗限定で発売開始となるスペシャルメニューは、スパイシーなお肉とトロっとクリーミーなクリームチーズを合わせたホットサンド。ピリ辛なサルサソース、メキシコの豆料理のチリコンカン、お肉、チーズはクリームチーズとチェダーチーズの2種類を使用。ほおばった瞬間、サルサソースの酸味の効いた風味と、トロッととろけ出すチーズの濃厚な味わいがベストマッチ。見た目にも鮮やかな彩りになっていて、食べ応えも十分。お手軽なランチタイムのお食事としてもおすすめです。


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com