Ray

KOSE 8ROCKS(コーセーエイトロックス) プロダンスリーグ「Dリーグ」覇者が語る“リスペクト”という絆

KOSE 8ROCKS(コーセーエイトロックス) プロダンスリーグ「Dリーグ」覇者が語る“リスペクト”という絆

株式会社小学館
ファッション誌『Oggi』3月号(1月27日発売)





パリ五輪正式種目でますます注目

2024年パリ五輪にて「ブレイキン(ブレイクダンス)」が正式追加種目に決定し、ますます注目を集めるストリートダンス。そんななか、日本のダンスシーンを盛り上げてきたのが、日本発で世界初のプロダンスリーグ「D.LEAGUE」(以下Dリーグ)。現在、3シーズン目を迎え、ダンスの頂点を目指して12チームがしのぎを削るなか、昨シーズンの優勝チーム、KOSÉ 8ROCKSがファッション誌『Oggi』に登場。12人のメンバーが語る8ROCKSの強さと魅力とは?


世界的ダンサーKakuが新加入

音楽にのせて展開するアクロバティックな合わせ技。高速でバラエティに富んだスキルの数々。ダイナミックなダンスで観客の心を惹きつけて止まないDリーグ唯一のブレイクダンスチームが、8ROCKS。メンバーの2GOO(写真左から3人目)は、その“強み”を、スキルの高さだけではない、メンバー同士の「リスペクト」にあると言います。
なかでもリスペクトを集めるのが、今シーズンからディレクターとして加入した、世界的ダンサーKaku(同右から3人目)。頭で回転する大技“ヘッドスピン”や、手のひらを重ね逆立ち状態で回転する“2000”など、ダイナミックなダンスで、国内外の数々のタイトルを獲得してきました。
メンバーのTETSU(同左から2人目)は、「僕と年齢が12歳離れていて、自分が小学生のときから大尊敬していた人です。世界が度肝を抜かれたすごい技“2000”は動画サイトとかに上がっているのでぜひ見てほしいですね」とその存在の大きさを語ります。

国内外で活躍するダンスの先鋭ぞろい

リスペクトの対象はほかにも。日本最高峰のダンスコンテスト「JAPAN DANCE DELIGHT」で前人未到の2連覇を果たしたRyo-spin(同左)。7歳で渡米して11歳で世界初のヒップホップチーム“Rock Steady Crew”の最年少メンバーとして認められたYOUTEE(同上段)。「全日本ブレイクダンス選手権」ユースB-GIRL部門で優勝しパリ五輪出場の期待がかかるYuika(同右)など、メンバーは、国内外で活躍するダンスの精鋭ぞろい。インタビューでは、年齢も経歴も異なるメンバーが、お互いをリスペクトして得意技や特徴を語ります。


“個性”が織りなすあらたな表現力


2GOOは、「僕たち“個”がたった最強のチームなんですよ」とも。個性が織りなす表現力があらたなダンスを創造し、12人の結束の固さがそれを補強する。「メンバーは多いけど、全然大変だと思ったことはなくて、いろんなキャラクターがいて本当に楽しいです!」(TETSU)と語るように、インタビュー中の雰囲気からも仲の良さが伝わってきます。
Dリーグ初の2連覇を目指す最強チームの魅力に迫るインタビューは『Oggi』3月号で!ぜひチェックしてください!

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com