Ray

【寝つきが悪い理由とその改善策】疲れが取れない、日中の眠気に悩まされている方が多数!改善するには何をしたらいい?

【寝つきが悪い理由とその改善策】疲れが取れない、日中の眠気に悩まされている方が多数!改善するには何をしたらいい?

コーキマテリアル株式会社
改善策としてストレスを解消することが必要と感じる方が半数以上

コーキマテリアル株式会社(本社所在地:大阪府大阪市、代表取締役:犬伏 博明)は、寝つきが良くないと感じている20代~70代の男女を対象に、「寝つきが悪い理由とその改善策」に関する調査を実施しました。


社会人の皆さん、最近よく眠れていますか?
夜、「身体は疲れきっていて眠気を感じてはいても、何故か寝つけない…」という経験をされたことがある方は多いことでしょう。
出来れば毎日好きなだけぐっすり眠りたいところですが、社会人生活を送る上ではなかなかそうもいきませんよね。
しかし、睡眠不足は心身に様々な悪影響を及ぼすことが懸念されます。
慢性的な寝つきの悪さを感じている人たちは、一体どのような悩みを抱えているのでしょうか?

そこで、マッサージのプロが認めたリラクゼーションギア『RUBRAX』https://www.rubrax.jp/shop/index.html)を販売するコーキマテリアル株式会社は、寝つきが良くないと感じている20代~70代の男女を対象に、「寝つきが悪い理由とその改善策」に関する調査を実施しました。

皆さんの体験談から、寝つきが悪い理由や改善策を探っていきましょう。


現代社会ならではの悩み?寝つきの悪さに苦しむ人、主な原因はストレスか

はじめに、どれくらい前から寝つきの悪さを感じ始めたのか尋ねました。



「寝つきの悪さを感じ始めたのはどれくらい前からですか? 」と質問したところ、『10年以上(32.3%)』と回答した方が最も多く、次いで『1~3年未満(21.2%)』『3~5年未満(15.6%)』と続きました。

10年以上もの長きにわたり、寝つきの悪さを感じている方が3割以上に上りました。

では、寝つきの悪さの原因としてどういったことが考えられるのでしょうか?

そこで、「寝つきの悪さの原因として思い当たることは何ですか?(複数回答可)」と質問したところ、『ストレス(51.9%)』と回答した方が最も多く、次いで『PC、スマートフォンの利用(47.6%)』『不安、悩み、考え事(44.4%)』と続きました。

半数以上の方が「ストレス」、4割以上の方が「不安、悩み、考え事」と回答し、日常生活のストレスや不安が原因の大部分を占めているようです。
また、半数近くの方がPCと「スマートフォンの利用」が原因であると考えていることがわかりました。

具体的な原因や理由を聞いてみました。

■仕事に育児、介護など現代はストレスの種だらけ!
【ストレス】
・仕事と育児のストレスで寝付きが悪い(30代/女性/山口県)
・残業が多く日頃から仕事でストレスを感じているので(40代/男性/神奈川県)
・家庭のトラブル(60代/男性/三重県)
・親の介護疲れ、自分の加齢(60代/男性/兵庫県)

【PC、スマートフォンの利用】
・夜間授乳や寝床でのスマートフォンを使用することが多いから(30代/女性/岩手県)
・眠くなるまでスマホを使ってることが多いから(30代/女性/福岡県)
・深夜まで仕事のため(40代/男性/広島県)

【不安、悩み、考え事】
・仕事が忙しくて不安が多いから(20代/女性/神奈川県)
・寝る前になると不安なことが頭によぎってしまい色々考えこんでしまうから(30代/男性/東京都)
・お金がなく不安(30代/男性/和歌山県)
・人間関係、対人不安(60代/男性/愛知県)

仕事や育児、介護、生活環境の変化などによりストレスを感じ、経済的な不安や対人関係の悩みを寝つきの悪さの原因に挙げる方が見られました。
また、寝る直前や深夜までのスマートフォン・PC利用も原因と考えられているようです。


寝つきの悪さから起こる悩み、第1位は「疲れが取れない」

3割以上の方が10年以上に渡り寝つきの悪さを感じていることがわかりましたが、寝つきが悪いことで悩んでいることなどはあるのでしょうか?



そこで、「寝つきが悪いことで、どのようなことに悩まされていますか?(複数回答可)」と質問したところ、『疲れが取れない(62.6%)』と回答した方が最も多く、次いで『日中の眠気(56.8%)』『集中力の低下(33.9%)』と続きました。

6割以上の方が「疲れが取れない」、半数以上の方が「日中の眠気」と回答し、寝つきが悪いことによる睡眠不足が健康状態に大きな悪影響を及ぼしているようです。

では、それらの症状によって不都合が生じた経験はあるのでしょうか?
詳しく聞いてみました。

■体調不良に加え、凡ミスや仕事中の居眠り、寝坊・運転中の事故など様々な悪影響が…
・翌日に寝坊してしまい予定が飛んでしまった(20代/男性/岐阜県)
・日々疲れてて、休みの日は何もせず寝ていることが多い(20代/女性/北海道)
・運転中ぼーっとしてしまい、信号無視しかけた(20代/女性/愛知県)
・仕事中に居眠り(30代/女性/神奈川県)
・仕事に支障をきたし、凡ミスを繰り返すようになった(30代/男性/東京都)
・会社の車をぶつけて、損害を支払った(30代/男性/大阪府)

肩凝りや頭痛といった体の不調のみならず、仕事でのケアレスミスや居眠り、寝坊や運転中の事故など、周囲にマイナスの影響を及ぼす可能性のある出来事が起こっているようです。
また、日々の疲れにより休日に余暇を楽しむ余裕がなく、休息のみに充てざるを得ないといった状況も生じていることがわかりました。


改善に努める人は2割以下 具体的な取り組みとは

上記の質問で、6割以上の方が「疲れが取れない」、6割近くの方が「日中の眠気」と回答し、寝つきが悪いことによる睡眠不足が健康状態に大きな影響を及ぼしていると回答していました。

では、寝つきの悪さを解消するために何か対策を講じているのでしょうか?


「寝つきの悪さを改善するため、何か対策など取り組んでいますか?」と質問したところ、『何もしたことがない(51.6%)』と回答した方が最も多く、次いで『最近取り組み始めた(19.3%)』『取り組んだことはあるが、今はもうやめている(15.1%)』『長期間にわたって取り組んでいることがある(14.0%)』と続きました。

寝つきの悪さによって様々な悪影響を実体験しているにも関わらず、半数以上の方が「何もしたことがない」と回答しています。
一方、何かしらの対策経験がある方々は、実際にどういった取り組みをしていたのでしょうか?

■寝つきの悪さの原因を排除し、入眠に有効なルーティーンを取り入れる
・寝る前に携帯を見ない(20代/女性/神奈川県)
・充電式のアイマスクを使ったり、不安感を緩和する音楽などを流したりしている(30代/男性/東京都)
・睡眠サプリを摂取している(30代/男性/長崎県)
・寝る前に温かい飲み物飲んだり足首を温めて寝たりした(30代/女性/愛知県)
寝る1時間前にお風呂に入る。食後3時間空けてから就寝する(30代/女性/兵庫県)
・枕の高さを変えてみた。マットレスの硬さを変えてみた(30代/女性/東京都)

不安を取り除くような音楽を聴いたり、寝る前には携帯を見ないようにしたりなど、寝つきの悪さの原因になっている要素に対処した取り組みが行われていました。
加えて、アイマスクや枕、マットレスなどのグッズの導入や検討を行ったり、寝る1時間前にお風呂に入るといった入眠に有効な行動パターンを実行したりといった試みも見られました。


寝つきの悪さの改善には何が必要?試してみたい快眠法

寝つきの悪さを感じている方のうち、対策を講じているのは3割以上という結果になりました。

そこで、寝つきを良くするために自分には何が必要なのかを尋ねました。


「寝つきを良くするため、自分に必要なことは何だと思いますか?(複数回答可)」を質問したところ、『ストレスの解消(45.2%)』と回答した方が最も多く、次いで『PC、スマートフォンの使用を控える(41.8%)』『リラックス(38.6%)』と続きました。

半数近くの方が「ストレスの解消」と回答し、寝つきの悪さの原因として思い当たる原因を断ち切ることが必要であるとしっかりと認識されているようです。

では、寝つきを良くするためにどういったことであれば試したいと考えているのでしょうか?


「寝つきを良くするための取り組みとして、どのようなことであれば試してみたいと思いますか?(複数回答可)」と質問したところ、『家でできる程度の運動(33.8%)』と回答した方が最も多く、次いで『短時間で可能な体操(29.5%)』『セルフマッサージ(28.3%)』と続きました。

運動やマッサージが上位に入っていることから、運動不足を解消したい、もっと体を動かしたいという潜在的な願いがあることがうかがえます。

では、そのように考えるのはどのような理由からなのでしょうか?
詳しく聞いてみました。

■対策として試してみたいと思う理由とは
【家でできる程度の運動と回答した方】
・睡眠の質が良くなることで結果的に健康面でも仕事面でも良い事しかないと感じるから(20代/男性/岐阜県)
・疲れを最小限にして、休暇を有意義に過ごしたいため(30代/男性/神奈川県)
・疲れていれば寝つきが良くなるから(40代/女性/静岡県)
・良い睡眠を取って体調を改善したい(60代/女性/徳島県)

【短時間で可能な体操と回答した方】
・負担なく簡単にできそうなので(30代/女性/宮城県)
・ぐっすり寝てしっかり休みたいから(30代/女性/富山県)
・手軽にできないと長続きしなさそう(40代/男性/東京都
・忙しい毎日なので、簡単に出来る事がいい(60代/男性/岡山県)

【セルフマッサージと回答した方】
・日中の疲れを軽減したいから(20代/女性/福岡県)
・マッサージはリラックス効果がある(30代/男性/富山県)
・お金をかけずに簡単に実行できそうだから(30代/女性/宮城県)
・体が凝っている認識があるので(40代/男性/神奈川県)

体を動かすことで質の良い睡眠を取り体調を改善したいという意見が多数見受けられました。
また、自分自身でマッサージすることで、手軽に日頃の疲れを取り除くことのできるセルフマッサージにも関心が寄せられているようです。


【まとめ】寝つきの悪さに悩む現代人は多い 快適かつ健康的な睡眠のために必要なものとは

今回の調査で、寝つきの悪さを感じている方の3割以上が10年以上もの長きにわたり寝つきの悪さに苦しんでいるということが判明しました。

寝つきの悪さの原因として、日常生活のストレスや不安が原因の大部分を占めているようです。
また、寝つきの悪さにより、「疲れが取れない」「日中の眠気」といった問題が生じていると回答しています。

肩凝りや頭痛といった体の不調のみならず、仕事でのケアレスミスや居眠り、寝坊や運転中の事故など、周囲にマイナスの影響を及ぼす可能性のある影響が生じているようです。

上記のような状況への対策として、不安を取り除くような音楽を聴く、寝る前には携帯を見ないなど、寝つきの悪さの原因になっている要素に対処した取り組みが行われていました。
一度対策を行ったものの、効果を感じられずやめた方も見られ、改善に努めている人は全体の3割以上となりました。

そんな中、寝つきを良くするための取り組みとして、3割以上の方が家でできる程度の運動と、3割弱の方が『短時間で可能な体操』『セルフマッサージ』と回答しています。

睡眠の質を向上させ、健康的で仕事に集中し、充実した余暇を過ごせるようなコンディションのためには、簡単に開始でき、時間的・金銭的な負担が少ない取り組みを試してみたいと感じているようです。

運動やセルフマッサージを手軽に日常生活に取り入れるための知識やツールを得て、継続的に取り組むことができれば、寝つきの悪さを改善することができるかもしれません。


セルフマッサージならリラクゼーションギア『RUBRAX』がおすすめ




今回、「寝つきが悪い理由とその改善策」に関する調査を実施したコーキマテリアル株式会社は、マッサージのプロが認めたリラクゼーションギア『RUBRAX』https://www.rubrax.jp/shop/index.html)を販売しています。

■リラクゼーションギア『RUBRAX』とは
<RUBRAXの由来>
・RUB=RUBBER=ゴム=揉む
・RAX=STRETCH=ストレッチ=筋をのばす

つまり、ゴムのちからを使って身体をもみ、のばしていただき押したり、軽く振動したり、ツボを刺激したり、そして踏み転がしたり、疲れている部位にあてていただくだけで、心地よいセルフマッサージ効果を実感していただきます。
その心地よさは脳神経へと繋がり、リフレッシュ・リラックス効果、リハビリテーション、脳トレのお役に立ちます。

<商品詳細>





オールゴム製マッサージャー!
リラクゼーションギア RUBRAX(ラブラックス)

・材質/水道用衛生ゴム・シリコン
・販売価格 : 2,940円(税込)





オールゴム製のラブラックスだから、按(もみ、たたく)・摩(さする、のばす)そして、足裏で踏み転がしたりすることで特に疲れている筋肉、こわばった 関節を短期間で効率よく、手や指の負担なくご自分で優しくほぐせます。
低波長遠赤外線ゴムの癒し効果で、血行を促進し、疲れをとりやすくします!
仕事、スポーツのあとや、ウォーキング、バスタイムの伴に!


・リラクゼーションギア RUBRAX(ラブラックス)はこちら:https://www.rubrax.jp/cgi-bin/shop/goodslist.cgi?in_kate=1

その他、さまざまなリラクゼーションギアを販売しております。


■コーキマテリアル株式会社:https://www.material-osaka.jp/index.html
■お問い合わせURL:https://www.material-osaka.jp/contact/index.html
■お問い合わせTEL:06-6531-2401(定休日・土日祝 /営業時間9:00~18:00)
■公式Instagram:https://www.instagram.com/material_osaka/

■RUBRAX SHOP:https://www.rubrax.jp/shop/index.html
■お問い合わせURL:https://www.rubrax.jp/shop/contact/index.html
■お問い合わせTEL:0120-15-5683(受付時間・9:00~18:00/定休日・土日祝日)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com