Ray

エスモード ジャポンとアダストリアによる産学協同アップサイクル プロジェクト

エスモード ジャポンとアダストリアによる産学協同アップサイクル プロジェクト

株式会社エスモード
エスモードの学生がアダストリアブランドの商品在庫をアップサイクル、O0u店舗で販売

世界13カ国にあるファッション専門の教育機関 エスモード ジャポン(東京都渋谷区)と株式会社アダストリアの子会社、株式会社ADOORLINK(アドアーリンク)(東京都渋谷区)による産学協同アップサイクルプロジェクトがスタート。1月18日(水)より、学生が制作したアップサイクル商品をADOORLINKが手がけるライフスタイルブランド「O0u(オー・ゼロ・ユー)」ルミネ新宿ルミネ2 ポップアップストアにて販売します。





このプロジェクトでは、次世代のファッションを担うエスモード ジャポンの学生が、アダストリアブランドの在庫を、学生ならではの自由な発想とクリエイティビティを活かしてアップサイクルしました。ADOORLINKの新しい生活様式や価値観のもとで誕生したライフスタイルブランド「O0u(オー・ゼロ・ユー)」にてアップサイクルした商品を販売します。

【プロジェクトの取り組み経緯】
株式会社アダストリアの福田取締役にエスモード ジャポンの学生に向けたセミナーに登壇いただき、同社のサステナビリティ重点テーマである「環境を守る」「人を輝かせる」「地域と成長する」にエスモードが共鳴したことを機に、本プロジェクトが実現しました。

【アップサイクル商品について】
アップサイクル商品の制作あたっては、ADOORLINKの高橋取締役よる、O0uのブランド理念、生産背景、サプライチェーン、マーチャンダイジングに関するセミナーをエスモード ジャポンの全学生が受講しブランドへの理解を深め、アダストリアの230着の商品在庫を3日間で85着のアップサイクル商品として創りあげました。

学生間のコミュニケーション活性を目的とした本プロジェクトでは、1年生から3年生までの全学生が32組のグループに分かれ、3年生がリーダーとなりワークショップ形式で服を制作。縫製チェック、検品、検針、ビジュアル撮影、梱包の工程までを学生がおこないました。

生地やパターンのミックスアンドマッチのアップサイクル商品は、コート、ジャケット、シャツ、Tシャツなどシーズンレスでジェンダーレスなコレクションとなりました。着る人の個性を表現し、年齢や性別を超えて、装うことを楽しむ服を提供することで、服を大切に長く着る持続可能な暮らしを提案します。

Tシャツ6,600円(税込み)


Tシャツ6,600円(税込み)


スカート8,800円(税込み)


Tシャツ6,600円(税込み)


【販売概要】

販売日
2023年1月18日(水)~31日(火)

展開店舗 
O0u POP UP STORE at ルミネ新宿
東京都新宿区新宿3-38-2 ルミネ新宿〈ルミネ2〉4階
※期間限定ショップになります

【O0uについて】
2021年3月31に、新しい生活様式や価値観のもとで誕生したライフスタイルブランド「O0u」。
憧れよりも共感を、個別よりもユニバーサルに、多様性に加えてそれを包み込むやさしさを持ち、自身が服に合わせるのではなくありのままの自分自身に合わせることを価値観に持つ、地球にも自分にも誠実でやさしいブランドです。サステナブルな素材や製造技術にこだわったライフスタイルアイテムをD2Cで展開しています。

ブランドサイト  
https://o0u.com
公式インスタグラム
@O0u_official
(https://instagram.com/o0u_official)

【 ADOORLINKについて】
ADOORLINK(アドアーリンク)は、サステナブルな素材や製造技術にこだわったアパレルブランドを展開するD2C事業と、残在庫やサンプル商材等のアップサイクル事業に取り組みます。D2C事業とアップサイクル事業を通じて、生産から販売、その後、リペア・リユース・リサイクル等を一気通貫で行い、アパレルサーキュラーエコノミーの実現を目的としています。

【エスモード ジャポンのサステナブル教育】
エスモードジャポンでは、ファッションを通して持続可能な社会を実現するためにサステナブル教育をカリキュラムに取り入れ、持続可能で責任あるクリエイターとして次世代を担う人材を育てています。また、卒業と同時に即戦力となるために、積極的に企業や行政と共に産学協同プロジェクトの取り組みをしています。

公式サイト  
www.esmodjapon.co.jp
Instagram  
@ESMODJAPON
(https://instagram.com/esmodjapon)
Twitter  
@ESMODJAPON
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com