Ray

体や心に不調があるのにフェムケアしてない人の本!アンチエイジングドクター×女性医療の第一人者による『医者が教えるすごい生理循環』10月25日発売

体や心に不調があるのにフェムケアしてない人の本!アンチエイジングドクター×女性医療の第一人者による『医者が教えるすごい生理循環』10月25日発売

アンノーン株式会社
月経周期から「今日私がやるべき」フェムケアがわかる

アンノーン株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役:安達智晃)は、NHK「あさイチ」出演で話題の日比野佐和子先生と女性医療の第一人者・太田博明先生による、フェムテック完全攻略ガイド『医者が教えるすごい生理循環』を2022年10月25日に発売しました。月経周期から「今日私がやるべきフェムケア」がわかる一冊です。






その不調、生理にまつわるケアが原因かも?

かゆみ・ニオイ・ムレ・経血モレ・PMS…カラダやココロなどに不調を感じているものの、「病院に行くほどではないから」と我慢を重ねている…。本書は、そんな女性のためにつくりました。

そのような不調の多くは生理にまつわるものであり、セルフケアで上手に対処すれば改善できる可能性は大きいのです。


なぜセルフケアにこだわったのか?

女性には生理があり、そのリズムによって好不調の波があらわれます。
その生理の仕組みを知って、今の自分の状態を知る。今の自分の状態を知ることで、今日の自分の行動が変わる。そんな毎日を丁寧に積み重ねていくことが体と心の不調を改善に導きます。

それをできるのは他でもない自分自身しかいません。自分自身が主導権を握って、自分らしく、快適に、毎日を過ごせるよう体と心をコントロールできるようにすることが最優先なのです。


今日、私がやるべきフェムケアがわかる

本書は、「月経期」「卵胞期」「排卵期」「黄体期」の4つの時期や傾向を知り、今の自分が属しているのがどの時期かがわかり、「今日やるべきフェムケア」をすぐに実践できるような構成にしています。










本書の構成(一部抜粋)

CHAPTER0[新習慣]体と心が変わるフェムケアの基本10
・デリケートゾーン専用ソープを使う
・おりものの変化を把握する
・生理周期ごとにスキンケアを変える

CHAPTER1[月経期]体が敏感になり、心も沈みがち
・月経カップを使ってみる
・貼るカイロで「仙骨」を温める
・タイプ別の生理痛に「3つの漢方薬」

CHAPTER2[卵胞期]心身が安定していて、アクティブに動ける
・骨盤底筋トレーニングをする
・膣内環境を整えるには「乳酸菌」
・黒ずみには「ビタミンC誘導体」

CHAPTER3[排卵期]体調も崩しやすく、おりものが増える
・おりものから膣内環境の状態を知る
・自然な出血と危険な出血を知る
・膣の乾燥度をチェックする

CHAPTER4[黄体期]体も心も不安定で、不快な症状が出やすい
・自分のPMSの症状を知る
・PMDDを知る
・寝はじめ3時間を熟眠する


著者&監修者情報

日比野佐和子(ひびの・さわこ)
医師・医学博士 大阪大学医学系研究科特任准教授
医療法人社団康梓会Y'sサイエンスクリニック広尾統括院長、大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学特任准教授、国立研究開発法人理化学研究所生命機能科学研究センター器官誘導研究チーム客員研究員、近畿大学医学部奈良病院皮膚科非常勤医師、医学博士、内科医、皮膚科医、眼科医、アンチエイジングドクター(日本抗加齢医学会専門医)。同志社大学アンチエイジングリサーチセンター講師、森ノ宮医療大学保健医療学部准教授、(財)ルイ・パストゥール医学研究センター基礎研究部アンチエイジング医科学研究室室長などを歴任。現在はアンチエイジング医療における第一人者的な立場として、基礎研究から最新の再生医療の臨床に至るまで幅広く国際的に活躍するとともに、テレビや雑誌等メディアでも注目を集める。著書に『医者が教える すごい美肌循環』(アンノーンブックス)、『幹細胞 活性化で若返り! 夢をかなえる5つの方法とは』(講談社)、『オトナ女子の「美肌」づくり百科』(ぴあ)『最新医学で証明された最高の食事術』(講談社)など多数。

【監修者】
太田博明 (おおた・ひろあき)

川崎医科大学産婦人科学2特任教授
1970年、慶應義塾大学医学部を卒業し、1977年に慶應義塾大学医学博士を取得。1980年、米国ラホーヤ癌研究所に留学、1991年慶應義塾大学病院産婦人科に中高年健康維持外來を創設し、当時から既に更年期ばかりでなく、高齢者の健康維持・増進に着目。同年同大学病院漢方クリニックの開設にも婦人科から兼担講師として唯一参加。1991年に慶應義塾大学医学部専任講師、1995年助教授となる。2000年、東京女子医科大学産婦人科主任教授。2010年より、国際医療福祉大学臨床医学研究センター教授、山王メディカルセンター・女性医療センター長を歴任し、2021年より現職。
日本骨粗鬆症学会元理事長。日本抗加齢医学会理事を務め、現在も同学会監事。1996年に日本更年期医学会(現日本女性医学学会)第1回学会賞を受賞。2015年日本骨粗鬆症学会学会賞、2020年日本骨代謝学会学会賞を各受賞。複数の専門医としての幅広い医療知識から女性の全人的な医療を心がける臨床・研究医。女性医療の第一人者として「女性の生涯に亘るウェルエイジング」がライフワーク。著書に「『見た目』が若くなる女性のカラダの医学」(さくら舎)、編著書には「女性医療のすべて」(メディカルレビュー社)などがある。


書誌情報



書名:医者が教えるすごい生理循環
定価:1,430円(本体1,300円+税)
発売:2022年10月25日(火)
判型:A5判変型・並製・216ページ
ISBN:978-4-8014-8053-7
発行:アンノーンブックス
発売:サンクチュアリ出版

【本書のご購入はこちら】
Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/4801480535/
楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/17290063/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com