Ray

【LINEリサーチ】いま尊敬している人が「いる」と回答した高校生は全体で7割超 尊敬している人は「友だち」の割合がもっとも高く、「歌手・音楽アーティスト」「母親」が続く結果に

【LINEリサーチ】いま尊敬している人が「いる」と回答した高校生は全体で7割超 尊敬している人は「友だち」の割合がもっとも高く、「歌手・音楽アーティスト」「母親」が続く結果に

LINE株式会社
LINEリサーチ、全国の高校生を対象に尊敬する人に関する調査を実施

LINE株式会社では、同社が保有する約613万人の国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤とした、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」を運営しています。 このたびLINEリサーチでは、日本全国の高校生を対象に、いま尊敬している人が「いる」高校生の割合や、どんな人を尊敬しているのかなどについて調査しましたので、その結果をお知らせいたします。 ※調査結果の詳細はLINEリサーチの調査メディア「リサーチノート」でご覧いただけます: https://research-platform.line.me/archives/41122531.html ※本リリース内のグラフ画像につきましては、「プレスリリース素材ダウンロード」より、ご確認ください。


■いま尊敬している人が「いる」と回答した高校生は全体で7割超


高校生に、いま尊敬している人がいるかどうかを聞きました。身近にいる人から著名人、歴史上の人物などの故人も含め、実在している人の中から回答してもらいました。

全体では、尊敬している人が「いる」と回答した高校生は7割超となりました。
男女別にみると、「いる」と回答した割合は女子高生で8割、男子高生で約7割と、やや女子高生が高い結果となりました。一方、「いたことはない」という割合は男子高生のほうが高く、男子高生で約2割、女子高生は1割超という結果となりました。

■尊敬している人は全体では「友だち」の割合がもっとも高く、「歌手・音楽アーティスト」「母親」が続く結果に


いま尊敬している人がいる高校生に、尊敬している人はどんな人かを聞きました。一番尊敬している人だけではなく、いま尊敬している人が複数人いる場合には、全て回答してもらいました。

全体でもっとも割合が高かったのは「友だち」で3割弱でした。次いで「歌手・音楽アーティスト」「母親」「先輩・後輩」が2割台で続きました。

男女別にみると、女子高生では「母親」が約3割でもっとも高く、学年が上がるにつれて高くなる傾向がみられました。以降は「歌手・音楽アーティスト」「友だち」「先輩・後輩」が2割台で続きました。男子高生と比べて「アイドル」「俳優・女優」の割合も高くなりました。

一方、男子高生でもっとも割合が高かったのは「友だち」で2割超となりました。次いで「スポーツ選手」が2割強で続きました。また、「歴史上の人物」の割合も女子高生より高く、2割弱なりました。

■母親を尊敬しているところは「家事をしてくれる」が1位、父親を尊敬しているところは「仕事をがんばっている」が1位


母親・父親を尊敬していると答えた高校生に、具体的にどのようなところを尊敬しているのか聞きました。母親を尊敬している高校生には母親の、父親を尊敬している高校生には父親の尊敬しているところを、それぞれ回答してもらいました。

母親を尊敬しているところは「家事をしてくれる」が1位で6割超となりました。2位は「自分や家族を支えてくれる」、3位は「頼りになる」でどちらも6割強の高い割合となりました。4位は同率で「仕事と家庭を両立・大事にしている」「話をきいてくれる」が5割超となりました。
男女別にみると、女子高生では「強い」「明るい・前向き」「行動力がある」「面白い」の割合が高く、男子高生では「アドバイスをくれる」「いろいろな経験をさせてくれる」「叱ってくれる」の割合が高くなりました。

父親を尊敬しているところは「仕事をがんばっている」が1位で7割強の高い割合となりました。2~3位は母親と同じく、「自分や家族を支えてくれる」「頼りになる」が6割強の高い割合で続きました。4位は「いろいろなことを知っている」が5割弱でランクインしました。
男女別では、女子高生は「面白い」の割合が高く、男子高生では「自分や家族を支えてくれる」「話をきいてくれる」「アドバイスをくれる」「叱ってくれる」の割合が高くなりました。

■高校生が尊敬するきっかけを一部紹介
尊敬する人がいると回答した高校生に、その人を尊敬するようになったきっかけについて、自由回答形式で聞きました。

<友だちを尊敬するようになったきっかけは?>
・どんな人でも優しく接することができる人だから(男子 高校1年生)
・中学時代に学級委員長で自発的かつ率先して仕事をしていて、すごい人だと思っていた(男子 高校1年生)
・部活前に早く来て、自分から掃除を行っていたこと(男子 高校2年生)
・勉強でも部活でも努力を怠らずに高みを目指し続けているのがすごいと思ったから(女子 高校3年生)

<先輩・後輩を尊敬するようになったきっかけは?>
・部活でどんなときも優しくムードメーカーで、楽器に対して真摯に向き合っているから(女子 高校1年生)
・部活の中で部長として、リーダーシップを大いに発揮し大人数を完璧にまとめていたし、誰にでも優しく面白い人だから(男子 高校1年生)
・部活のときの先輩の演奏を聞いて感動したから(男子 高校1年生)
・コミュニケーション能力がたけていて、誰とでも話が盛り上がる(女子 高校3年生)

<歌手・YouTuber、アイドルを尊敬するようになったきっかけは?>
・夢に向かって一生懸命な姿をとても尊敬しています(女子 高校1年生)
・自分にはない才能や自信、勇気を持っているから(女子 高校1年生)
・自分は軽音部のボーカルでうまく歌えずに悩んでいたとき、インタビューが参考になったから(男子 高校1年生)
・配信アプリにてリスナーからのさまざまな質問に答えていく中で、私にはないポジティブな思考を持っていた(女子 高校2年生)

<スポーツ選手を尊敬するようになったきっかけは?>
・何歳になっても向上心を忘れない姿をみたこと(男子 高校1年生)
・試合後のヒーローインタビューで相手チームをたたえていた(男子 高校1年生)

<学校の先生を尊敬するようになったきっかけは?>
・部活の集合時に熱いことばをかけてくれた(男子 高校2年生)
・自分が悩んでいるときやつらいときに手を差し伸べてくれたり、希望を与えてくれたりして道しるべになってくれた(女子 高校3年生)

<母親・父親を尊敬するようになったきっかけは?>
・父は、昔からどんなことでも教えてくれて、それでいてわかりやすかったり面白かったりしたから(女子 高校1年生)
・私がつらいときに気づいて、母が相談にのってくれたことがあった(女子 高校2年生)
・両親を尊敬するようになったきっかけは、進路について親身に話を聞いてくれたこと(男子 高校3年生)
・私自身が家事をする中で、それまで母は育児と仕事と家事の全てをこなしていたんだと思うと、すごいなと思った(女子 高校3年生)
・父から仕事の大変さについて学んだとき(男子 高校3年生)

<歴史上の人物を尊敬するようになったきっかけは?>
・PS3の『戦国無双4』をプレイしたときに、元々熱血系が好きな私は真田幸村の厚い情熱に胸を打たれた(男子 高校2年生)
・坂本龍馬の愛国心、友を想う心、権力に屈せず正しいことを発言していく精神力を尊敬している(男子 高校3年生)

高校生は、ポジティブ思考やコミュニケーション能力の高さなど自分にないものを持っていたり、一生懸命努力する姿をみたりすることで、その人を尊敬するきっかけとなる様子が伺えました。
また、学校の先生や母親・父親などを尊敬している人は、相談にのってくれたり、話を聞いてくれたり、親身になってもらったことがきっかけになっていることがわかりました。親の大変さを知ったことがきっかけになったという回答もみられました。


LINEリサーチでは、今後も国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤に、様々な調査を定期的に実施していきます。


【調査について】
LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国の高校1年生~3年生の男女
実施時期:2022年9月12日~2022年9月14日
有効回収数:1,021サンプル
※表/グラフ中の数字は小数第一位または第二位を四捨五入しているため、合計しても100%にならなかったり、同じパーセンテージでも見え方が異なったりする場合があります

【「LINEリサーチ」について】
「LINEリサーチ」は、企業における事業開発・マーケティング活動の最大化を目的にした、スマートフォン時代のリサーチプラットフォームです。約613万人のアクティブモニターのうち10~29歳が50%を占め*、学生や若年向けの出現率の低い調査も実施可能です。また、従来型の調査パネルと異なり、リサーチ興味度の薄い層にもコンタクトが可能なため、より一般的な意見を収集できます。LINEのプッシュ通知で配信するため、ユーザーがリアルタイムで回答しやすいだけでなく、スマートフォン上で回答しやすい画面設計を行っていることで、効果的に調査を実施することが可能です。
* 2022年8月時点

「LINEリサーチ」公式サイト:https://www.linebiz.com/jp/service/line-research/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com