Ray

10/26(水)・11/16(水)無印良品 「素材を生かしたスープ・お惣菜」シリーズ  新商品発売のお知らせ

10/26(水)・11/16(水)無印良品 「素材を生かしたスープ・お惣菜」シリーズ  新商品発売のお知らせ

株式会社良品計画
温めるだけで素材の旨みが味わえる11種類

 無印良品を展開する株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長 堂前 宣夫)は、パッケージのまま電子レンジで温めて手軽に食べられるレトルト商品、“素材を生かしたスープ”シリーズ5種類を10月26日(水)から、“素材を生かしたお惣菜”(*1)シリーズ6種類を11月16日(水)から全国の無印良品とネットストアで発売します。 



■パッケージのまま電子レンジで温めるだけ
 今回発売するシリーズは、無印良品としては初のパッケージのまま電子レンジに入れて温められるレトルト商品です。「スープ」と「お惣菜」を合わせて全11種類をご用意しました。
 「素材を生かしたスープ」は、濃厚なスープを5種類取り揃えました。オマール海老の殻からとったアメリケーヌソースを使い、海老の旨みを引き出した「海老のビスク」や、きのこの旨みをより感じられるようにデュクセルソース(*2)を使った「ポルチーニクリームのポタージュ」など、メイン素材の旨みを味わえます。
 「素材を生かしたお惣菜」は、毎日食べたい「いつものおかず」6種類です。味がしみ込んだ柔らかい豚肉に、しいたけのエキスを加えてコクと旨みをきかせた「豚の角煮」や、隠し味にバターを入れてまろやかさを加えた「肉じゃが」など、食べ慣れた味でありながらも、ひとり分をつくるには下準備や調理に時間がかかるメニューを手軽に食べられる一品です。
 常温で長期保存も可能で、時間がない時の食事や、あと一品追加したいという時にストックしておくと便利です。

 無印良品は、日常生活の基本を支える商品として、毎日の食卓をサポートできる食品の充実を図っていきます。

*1一部のアイテムは、限定店舗のみの取り扱いとなります。
*2刻んだマッシュルームや玉ねぎを煮詰めたソース。

◇ 商品ラインナップ

   ※「素材を生かしたお惣菜」 の一部アイテムは、限定店舗のみの取り扱いとなります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com