Ray

Foo Tokyoが日本初・世界一を獲得した“走る高級宿”クルーズトレイン「ななつ星in九州」の車内着をデザイン。タキシードを題材に車内着を再定義。パジャマを「社交服」に。

Foo Tokyoが日本初・世界一を獲得した“走る高級宿”クルーズトレイン「ななつ星in九州」の車内着をデザイン。タキシードを題材に車内着を再定義。パジャマを「社交服」に。

株式会社Next Branders
2022年10月15日の運行より導入。

「ただいまからいってきます」までのやすらぎのおうち時間を提案するFoo Tokyoは(運営:Next Branders、所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:桑原 真明)は、クルーズトレイン「ななつ星in九州」(運営:九州旅客鉄道株式会社、所在地:福岡県福岡市博多区、代表取締役社長執行役員:古宮 洋二)の室内ルームウェアを企画・制作し、2022年10月15日の運行車両より導入します。


「ななつ星in九州」(以下、同車両)は米大手出版社コンデナスト社の旅行誌「コンデナスト・トラベラー」が実施した読者投票「コンデナスト・トラベラー リーダーズ・チョイス・アワード」のトレイン部門において2021年、2022年の2年連続世界一を受賞した日本初 * のクルーズトレインです。

九州の魅力と地域の人々との交流を楽しむ複数の宿泊コースが用意されており、ゲストは旅の期間中、7号車まで続くゲストルーム・バーラウンジ・茶室・サロンスペースなどが設備された車両に滞在します。
* 運行開始した2013年10月15日時点



「ななつ星 in 九州 」のアイテムプロデュースは今回で2度目。宿泊体験を“着ごこち支援”


右)新車両 2号車サロンカー「木星」

同車両は、運行9周年を迎える2022年10月15日の節目に、車両と運行コースをリニューアルし新たな周遊を開始します。

Foo Tokyoはリニューアルの一貫として車内着のプロデュースを担当しました。当社が同車両のプロデュースに関わるのは今回で二度目となり、1度目は客室内のブランケットを制作しました。
参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000020.000032761.html

制作した車内着は、車両に馴染む配色で九州の地で作られた素材を活用し、ゲストにリラックスしていただく生地感とやわらかさにこだわったパジャマであることを前提としてディテールを構築しました。また、「くつろぎ空間と交流空間」が備わった宿泊型車両の特性に合うように、両方の空間を行き来できるパジャマの雰囲気を崩した「社交服」をテーマにデザインしました。




これまでゲストの服装は、車両スペースに応じてドレスコードが設けられ公共スペースの入室はパジャマから着替える必要がありましたが、今回のデザインテーマの採用により、サロンスペース(2号車:サロンカー「木星」)のみ入室可能となりました。

Foo Tokyoはこれからも宿泊施設とのコラボレーションを積極的に展開し、おうち時間の充足のためのものづくりとやすらぎの暮らし提案を行ってまいります。



生地から特注した「社交服」。デザインとディテールについて



トップスはショールカラーをモチーフに。
ブランドロゴを刻印した釦
生地には220年以上継承される従業無形文化財「久留米絣」を採用

生地は、220年以上継承され、国の重要無形文化財にも指定されている綿織物「久留米絣(くるめかすり)」を採用。福岡県八女市で、約80年前の織機を20台稼働させ、伝統を守り続けている下川織物に特注で制作を依頼しました。

同車両のコンセプトや魅力をトップス/ボトムスのディテールに注ぎ「社交服」を表現しました。配色は、ゲストルームを出ても車両空間に馴染むようにななつ星コンセプトカラーである古代漆色をパイピングやステッチに織り交ぜて表現をしています。

トップスはタキシードを由来とし明治時代にはリラックスウェアとして定着した「ショールカラー」をモチーフに襟元のディテールを構築。襟元のパイピングやボトムスのウェストを調整する腰紐で、ななつ星in九州が地域とお客様を繋ぐ「絆」を再現しました。

ボトムスのフロント部分に一直線に縫われたステッチは線路をモチーフにしています。ななつ星の体験が100年を超えるような未来まで長く輝き続けるように願いを込めて、ボタンにはななつ星のブランドロゴを刻印しアクセントにしました。


Foo Tokyo について




「ただいま」から「いってきます」の間に流れる今日と明日を繋ぐひと時。そこで過ごす時間と空間に、思わず空想に浸りたくなるような「安らぎ」を添えるアイテムを世に贈り出すブランド、それが私たちFoo Tokyoです。

常に大量の情報に囲まれ、誰かとつながっている。そんな心から安らげる絶対的な時間が不足した現代に「ふぅ」と心地よい吐息がこぼれだす瞬間を届けたい。

その想いから誕生して以来、見る人の五感を揺さぶるほどの完成度を志す「ものづくりの美意識」と、それを実現可能とする「技術」を掛け合わせ、1つ1つの商品を「製品」としてではなく、お客様1人1人の人生を豊かにするようなストーリーを紡ぐ「作品」として捉え形にして参りました。

私たちのブランド名にある“Foo”という一語には、世界中の人々がFoo Tokyoに触れたときに「ふぅ」と言葉に出すことで自然と息を吐きリラックスできる瞬間を創れたら。そんな想いも込めて名付けています。

株式会社Next Branders(Foo Tokyo) 会社概要
会社名   : 株式会社Next Branders (設立:2017年12月)
代表者   : 代表取締役社長 桑原 真明
所在地   : 東京都渋谷区代々木1丁目37-7-403
事業概要  : 商品の企画・製造・販売(アパレル、化粧品)
Brand Site : https://brand-foo.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com