Ray

ホームポジションを意識しながら正しい指使いに導く、キーボード用「らっこたんタイピングシール」販売開始

ホームポジションを意識しながら正しい指使いに導く、キーボード用「らっこたんタイピングシール」販売開始

株式会社ミラボ
ミラボ・教育ネットの共同開発によるデジタル教材「らっこたん」の新商品を販売開始

自治体向けサービスを開発する株式会社ミラボ(本社:東京都千代田区、代表取締役:谷川一也、以下「ミラボ」)と株式会社教育ネット(神奈川県横浜市都筑区代表:大笹いづみ) は、共同開発したタイピングスキル向上をメインと したデジタル教材「らっこたん」に付随する商品として、「らっこたんタイピングシール」の販売を開始しました。





「らっこたんタイピングシール」とは

文部科学省のGIGAスクール構想 * の推進により、小学校と中学校で1人1台の学習用情報端末(パソコンやタブレットなど)が整備されました。端末を活用した学習を進めるにあたって、こちらのシールをキーボードに貼ることで、正しいホームポジションを身につけ、タイピングスキル向上に役立てることができます。

*GIGAスクール構想:
2019年12月に文部科学省が発表した教育改革案。GIGAは「Global and Innovation Gateway for All」の略で、
「すべての児童・生徒にグローバルで革新的な扉を」という意味が込められています。


■ らっこたんタイピングシールの特徴
・はじめてのローマ字タイピングでも迷わない、アルファベット・ひらがな表記
・それぞれのキーを打つ指ごとに分けられたカラー
・貸与端末に貼ることを考慮し、再剥離シールを使用




監修:徳島県上板町立高志小学校 中川⻫史 教諭より



■ 低学年からタイピングの練習をする必要性
低学年でも自分の考えや意見を何らかの形で、GIGA端末 * に書く機会が増えてきました。
低学年の子ども達は、文字入力がまだできないため、ペンで直接文字を書いたり、文字認識のパレットなどを使ったりしていると思います。多くの学校では、これまで国語科でのローマ字の学習に合わせて、3年生でキーボードを使った文字入力指導を始めるカリキュラムにしている場合が多いと思いますが、1人1台のGIGA端末が整備されたことにより、それらが変わる可能性があります。
つまり、1人1台端末によって、自力で練習できる環境が整っているということになります。 タイピングは「練習」の要素を多く含むため、個人差が大きくなりがちです。ですが、取り組める子からどんどんチャレンジできる仕組みがあると、タイピングスキルが向上し、結果として、自分の思いをキーボードを使って表現できるようになると思います。

*GIGA端末:GIGAスクール構想の推進により、小学校と中学校で1人1台整備された学習用情報端末(パソコンやタブレットなど)

■ 母音と子音の関係の理解と、正しいホームポジションがタイピングスキル向上のガキ
教職について30年以上となりますが、これまで多くの子ども達にローマ字による文字入力の初期指導を行ってきました。そのときに大事にしていたことは、母音と子音の関係をしっかりと理解させることと、使う指を意識させたホームポジションでした。それらがしっかり理解できることは、ローマ字の仕組みを理解することであり、全ての指を使って文字入力をスムーズに行うことができる事につながります。
母音については、一⻫指導で一時間かけて行いますが、そのあとは子音との組み合わせであるということを教えます。あとは、個人差があるため、自力で学習する方法が必要です。どの指がどの子音のキーを押さえるかということを「自分で」確かめながら操作するためには、子音を示したシールが必要だと思うようになり、このシールのアイディアを思いつきました。

■ 自力で練習し、みるみるうちに文字入力ができるようになっていました
このシールのアイディアは、いくつかのバージョンがあり、2015年頃から試行錯誤し、今の形に至りました。
シールを貼った特にローマ字入力をやり始めた学年の様子を見ていると、最初に数時間の指導をしましたが、その後は自力で練習し、みるみるうちに文字入力ができるようになっていました。そして、文字入力の練習と並行して、普段の学習で文字入力をする機会をたくさん用意することが、実はとても大切だと考えます。タイピングの練習ばかりしていても、「思考が文字になる」というレベルには至らないからです。
ですので、練習するためのシールという手だてと、自分で目標を決めて取り組める仕組み、そして、それらを活かして文字を入力する機会をたくさん増やすことで、子ども達のタイピングが実用レベルでスムーズになっていくことを期待しています。さらに、タイピングスキル向上が子供達の情報活用能力向上につながっていけたらいいと思っています。



らっこたんタイピングシール 概要



・商品名 :らっこたんタイピングシール
・販売価格:1枚100円(郵送料込)
・販売枚数:100枚以上から、10枚単位で注文可能
・購入方法:以下のフォームよりお申込みください。
https://contact.edu-net.work/typingsticker

■らっこたん 概要
「株式会社 教育ネット」と「株式会社 ミラボ」が共同で開発している、情報活用能力を身につけることができるクラウド型デジタル教材です。AIを活用して、タイピングや情報活用に伴う基本的な知識を効率的に習得することができます。
■らっこたんに関するお問い合わせ
https://mi-labo.co.jp/inquiry/
もしくは、株式会社ミラボ らっこたん担当(03-6821-8600)までご連絡ください。



株式会社 ミラボについて


・会社名:株式会社ミラボ
・URL :https://mi-labo.co.jp
・所在地:東京都千代田区神田駿河台4-1-2 ステラお茶の水ビル8階
・代表者:代表取締役 谷川一也
・設立 :2013年12月

ミラボの社名は「ミライ × labo(ラボ)」に由来します。
「いまここにない未来を創造」し「社会に貢献する」ことを基本理念に、
AIを主とした先進のシステム開発、民生版ソリューション製品の販売を行っています。

・子育てコンテンツ事業
約300自治体へ向けて子育て支援アプリ「子育てモバイル」を展開。日本初の予防接種AIスケジューラー(特許取得)、電子母子手帳、自治体窓口予約システム等と連携して自治体DXを進めています。

・フォームデザイン事業:電子申請システム「+Focus」
内閣官房のマイナポータルに採用され、全国の自治体へ向けてマイナンバーカードによる
自治体窓口電子申請を進めています。

・官公庁・自治体向けソリューション事業
「コロナワクチン接種記録システム」「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」など、
官公庁・自治体のニーズにあったシステムを開発しています。



教育ネットについて


・会社名:株式会社教育ネット
・URL :https://edu-net.co.jp/
・所在地:神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央24-4 第6セキビル 502
・代表者:代表取締役 大笹いづみ
・設立 :2014年6月

情報モラル教育(ネットリテラシー教育)やプログラミング教育において、
先生や保護者、地域と共に未来を生きる子どもたちの可能性を信じ、
知恵を出し合うことから生まれる支援やサービスを提供することで新しい価値を創造し続けます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com