Ray

知れば知るほど、海はおいしい。47都道府県の特産品や東京”初”上陸グルメも登場「海のごちそうフェスティバル」開催!

知れば知るほど、海はおいしい。47都道府県の特産品や東京”初”上陸グルメも登場「海のごちそうフェスティバル」開催!

海と日本プロジェクト広報事務局
2022年10月8日(土)9日(日)<東京・有明ガーデン>

一般社団法人 海と食文化フォーラムは、海のごちそうウィーク(10月10日~16日)期間に先立ち、10月8日・9日に東京・有明ガーデンにて「海のごちそうフェスティバル」を開催致します。このイベントは、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環です。



「知れば知るほど、海はおいしい。」をメインメッセージに掲げ、海についての情報発信や、海の未来を考える機会を提供するイベントです。8日(土)は“令和のお魚王子”鈴木香里武氏をお招きし、メインメッセージ「知れば知るほど、海はおいしい。」をテーマにしたオープニングトーク、また、8日(土)9日(日)両日ともに、「海のごちそうキッチン」エリアでは、地域の海の課題を「食」で解決し日本全国に伝えていくことを目的として開発された8地域11品をお楽しみいただけます。函館以外の地域は東京初上陸のグルメばかりで、東京で楽しめるのは海のごちそうフェスティバル開催中のみとなっております。その他、海のいまとこれからを伝えるステージプログラムなど、「海のごちそう」をきっかけに海に親しむひとときを提供します。
海のごちそうフェスティバル 公式サイト:https://shoku.uminohi.jp/gochiso-fes/


イベント概要






海のごちそうマルシェ(モール2F 中央吹抜広場)


北海道から沖縄まで、全国47都道府県の海産物や海に関連した特産品を販売。
「海と日本プロジェクト」事業から生まれたユニークなコラボ商品も多数。
ブースには各地のスタッフが常駐し、商品の特徴やストーリーを紹介します。




海のごちそうキッチン(1F スポーツエンターテイメント広場)


地域の海の課題から開発されたシーフードメニューをフードトラックでテイクアウト販売します。函館ブリ塩ラーメン、大間ホッケドックなど、関東ではここでしか食べられないご当地グルメが集合。




海のごちそうステージ(1F スポーツエンターテイメント広場)


●10月8日(土)
11:00-11:45
オープニングイベント

“令和のお魚王子”鈴木香里武氏をお招きし、メインメッセージ「知れば知るほど、海はおいしい。」をテーマにしたオープニングトークを行います。さらに、「海の宝アカデミックコンテスト2021」(主催:北海道大学大学院水産科学研究院)で入賞した高校生のテーマ食材を使い、トップシェフが開発したメニューを発表します!

13:15-14:00
"海のごちそうクイズ大会 第1部

日本縦断!海のごちそう生中継クイズ大会"
小学生対象のクイズ大会。北海道・島根・鹿児島の3エリアと中継をつないで、各地域から「海と食の課題」についてのクイズを出題します。それぞれの地域のクイズに3問連続で正解すると、「海のごちそうキッチン」で販売している海のごちそうグルメをプレゼント。
※整理券は、10/8(土)12:00より有明ガーデンギャラリー前のイベント総合受付で配布します(先着30名)。

15:00-16:00
"DAIWA presents
料理研究家 ほりえさわこ×暮らしニスタ編集長 石橋紘子のクロストーク"

海をはじめ様々な課題が毎日のように話題となっています。そこで私たちの日常生活でも取り組めること、そして自然体験をとおして海など環境変化を知る大切さをお伝えします。

●10月9日(日)
11:00-11:45
海のレシピ×アイゴ磯焼け~動画視聴&トーク

アイゴと磯焼けの課題について、海をベースに活躍するゲストを迎えたトークイベント。海のレシピプロジェクトが見聞きし、記事にしてきた“海のいま”を伝えます。

13:00-13:45
"海のごちそうクイズ大会 第2部
親子で参加!海のごちそうトリビアクイズ大会"

小学生の親子対象のクイズ大会。各地域の「海のごちそうトリビア」をクイズ形式で出題。成績優秀者には、海のごちそうマルシェで使える商品券をプレゼント。
※整理券は、10/9(日)12:00に有明ガーデンギャラリー前のイベント総合受付で配布します(先着20組)。

14:00-15:00
「LOCAL FISH CAN グランプリ2022」活動紹介

全国の高校生がLOCAL FISH(=課題魚)を利用し、地域の海の課題を解決するオリジナルの缶詰を開発して競い合う大会「LOCAL FISH CAN グランプリ」。高校生が地域と連携しながら開発した、味はもちろんパッケージにもこだわった魚の缶詰を紹介します。



海のごちそうアカデミー(1F 有明ガーデンギャラリー)


魚をさばく体験から海について学ぶ講座「日本さばける塾×すし銚子丸」
自分でさばいたアジで、世界に1皿だけの握りずしを作り、回転ずしレールに流して、親子でおいしくいただきます。魚をさばくことを通して、海とのつながりを感じ、いま海に起こっている変化について知ることができる学びの場。
※参加は事前申込制



その他(1F 有明ガーデンギャラリー)


海と日本プロジェクト連携ブース
・出汁を味わう旨味体験&販売(NPO法人 離島経済新聞社)
・「LOCAL FISH CAN グランプリ2022」で高校生が開発した缶詰の販売
・sakana bacca連携キャンペーン企画の受付
・魚食系ラジオ「JUNK FISH!」の公開収録

海のごちそう番組完成記念イベント
私たちの食卓の裏側にある、知れば知るほどおいしくなる海と食の物語を紹介する番組の完成を記念してイベントを開催。番組に出てくる2つの食材を使ったメニューをふるまいます。



会場MAP




<団体概要>
団体名称:一般社団法人 海と食文化フォーラム
URL:https://shoku.uminohi.jp/
活動内容:海の問題解決に向けたアクションの輪を広げることを目的として、食文化を切り口にした海洋教育を中心に、海と人とのかかわりについて学び、海洋がもたらす恩恵や未来、さらに海洋の課題について理解を深めるために様々な事業を行います。

日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com