Ray

【11/7発売】加藤シゲアキ『できることならスティードで』カバービジュアル&解説執筆者公開。さらにプレゼントキャンペーンも!

【11/7発売】加藤シゲアキ『できることならスティードで』カバービジュアル&解説執筆者公開。さらにプレゼントキャンペーンも!

株式会社朝日新聞出版
NEWS・加藤シゲアキさん初のエッセイ集『できることならスティードで』の文庫版が、2022年11月7日(月)に朝日文庫より発売予定です。発売までちょうどひと月となり、カバービジュアルが完成しましたので、公開いたします。さらに本作の解説を執筆するのはなんと芥川賞作家の朝吹真理子さん! さらにプレゼントキャンペーンの実施も決定しました。


文庫版でも加藤シゲアキさんが撮影した写真をカバーに使用
アイドルグループNEWSの一員として活躍しながら、作家としても精力的に執筆を続け、一作ごとに評価の高まる加藤シゲアキさん。加藤さんが2020年3月に上梓した、広義の“旅”をテーマにしたエッセイ集『できることならスティードで』の文庫版を、本年11月7日(月)に朝日文庫より刊行いたします。「小説トリッパー」にて初の文芸誌連載となったエッセイ15編と、"旅する"掌編小説3編が収録されています。

文庫化に際し作品のカバービジュアルを一新! 単行本と同様に、加藤さんが旅先で撮影した写真を贅沢に3枚使用しながら、旅のお供にもより連れ出しやすい親しみやすさ、お洒落さをプラスした新鮮なカバーとなりました。装丁は川谷デザインの川谷康久さんが担当しています。本作公式サイトも文庫カバービジュアルに合わせてこのたびリニューアルしました。

本文庫版には、文庫化に際しての思いを加藤さんがあとがきとして長めに書き下ろした「刊行から二年を経て」を収録し、さらに巻末には、かねてファンである加藤さんの熱い思いに応えて、なんと芥川賞作家の朝吹真理子さんが解説をご寄稿くださいます。果たしてどんな解説になるのでしょうか。

また本文庫では帯の応募券でご応募いただいた方から抽選で、本作文庫カバービジュアルを元にした文庫本サイズのブックカバーが当たるプレゼントキャンペーンも実施予定です。
詳細は本作発売後に公式サイトおよび公式Twitterで発表いたします。

一冊の本としての魅力がさらにパワーアップした『できることならスティードで』朝日文庫に、どうぞご期待下さい。発売時に確実にお求めいただくには、ご予約をお勧めいたします。



【著者プロフィール】
加藤シゲアキ(かとう・しげあき)

1987年生まれ、青山学院大学法学部卒業。アイドルグループNEWS のメンバーとして活動しながら、2012年1月に『ピンクとグレー』で作家デビューを果たす。以降精力的に執筆活動を続け、21年『オルタネート』で吉川英治文学新人賞、高校生直木賞を受賞。著書に、『閃光スクランブル』『Burn.-バーン-』『傘をもたない蟻たちは』『チュベローズで待ってる AGE22・AGE32』『できることならスティードで』『1と0と加藤シゲアキ』がある。

『できることならスティードで』
公式ツイッターアカウント:@STEED_book
特設公式サイト:https://publications.asahi.com/steed/


『できることならスティードで』(朝日文庫)
著者名:加藤シゲアキ
発売日:2022年11月7日(月)
予価693円(予価本体630円+税10%)
※予価のため変更させていただくことがあります。
ISBN:978-4-02-265070-2
https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=23734
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com