Ray

【田舎の挑戦】小さな栗産地が、日本一を目指すモンブラン。伊勢丹新宿店「モンブランに飛び込む七日間」で、しまんと地栗の最上級モンブランが登場!

【田舎の挑戦】小さな栗産地が、日本一を目指すモンブラン。伊勢丹新宿店「モンブランに飛び込む七日間」で、しまんと地栗の最上級モンブランが登場!

株式会社四万十ドラマ
10月6日からスタート!伊勢丹新宿店恒例「栗」の祭典で、四万十の小さな産地が日本一を目指します。

高知県の地域商社(株)四万十ドラマが、四万十川中流域のブランド栗「しまんと地栗」を全国に発信するため、伊勢丹新宿店”栗と私の十三日間”に出店。目玉商品は、栗を約20粒も使用し、栗ペーストを糸のような極細で絞った「しまんとプルミエモンブラン」5,400円(税込)や、しまんと(高知)・すき(宮崎)・なごみ(熊本)の3つの栗産地が食べ比べできる「ジグリフレンズモンブラン」。10月6日からの1週目は、“「栗」に溺れる6日間”をタイトルに、『和』をテーマにした生栗や栗おこわ、続けて12日からの2週目は”「モンブラン」に飛び込む七日間”に移り、『洋』をテーマにモンブランで勝負を挑む、述べ約2週間に渡る四万十の小さな栗産地の挑戦にどうぞご注目ください。





山に飲み込まれそうな、森林率84%の高知県。なかでも特に見渡す限り山だらけの四万十には、四万十川流域で育つ大きくて甘い「しまんと地栗」があります。全国的に有名な栗産地、茨城・熊本・愛媛の生産量には全く歯が立たないけれど、小さな産地ならではのユニークなスイーツを引っ提げて、今年も懲りずに日本のど真ん中で勝負を挑みます。

栗を約20粒使ったモンブラン



(会場では専用の容器に絞りだして「しまんとプルミエモンブラン」をご提供します)

『しまんとプルミエモンブラン』 5,400円(税込)
10月12日(水)~18日(火)伊勢丹新宿店地下1階フードコレクションにて、1日限定30食の限定販売。

ボリューム・価格ともに最上級に挑戦した「しまんとプルミエモンブラン」一粒25g以上の大きな渋皮煮6個、栗と国産きび糖だけの栗ペーストを150g絞り出すなど、1食に使用する栗の量は、なんと約20粒分!
10/6(水)からの伊勢丹新宿店の秋催事『栗と私の十三日間』の後半、10/12(水)からの『モンブランに飛び込む七日間』にて、お客様の目の前で実演販売いたします。


ジグリフレンズモンブラン



(3つの栗産地を食べ比べできる「ジグリフレンズモンブラン」)

『ジグリフレンズモンブラン』しまんと・すき・なごみ  各1,300円(税込)
10月12日(水)~18日(火)伊勢丹新宿店地下1階フードコレクションにて販売

高知県「しまんと」、宮崎県「すき」、熊本県「なごみ」、四万十から繋がる3つの産地の食べ比べ「ジグリフレンズモンブラン」も登場!無糖の生クリームの上に1mm極細の栗ペーストを絞りだした、栗が主役の口どけ最上級モンブランも、実演販売を行います。


▼お取り寄せは、通販サイト「SHIMANTO ZIGURIストア」でぜひどうぞ。
https://ziguri.jp/


大きくて甘い「しまんと地栗」



(全国平均に比べて大きくて甘いのが特徴の「しまんと地栗」)

大きくて甘い「しまんと地栗」は、生産者の剪定技術による栽培管理と、収穫時期の昼夜の寒暖差によって甘みを増し、清流四万十川の恩恵を受けて育つ希少な地域資源です。全国平均のひと粒 約20gを大きく上回り、2021年は過去最高79gの記録を叩き出しました。

四万十の大切な資源である栗産業を、100年後も地域に残せる一次産業の基盤となるよう、地方ならではの”田舎ビジネス”で挑む、四万十ドラマの挑戦はまだまだ続きます。


(最後の清流「四万十川」)



(四万十川を臨む栗畑で、今年も新栗を収穫しています。)


栗と私の十三日間


伊勢丹新宿店 栗と私の十三日間
日時:2022年10月6日(木)~10月18日(火) 10:00~20:00
場所:伊勢丹新宿店 本館地下1階フードコレクション
  〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1
◆「栗」に溺れる六日間
【10月6日 ~11日】「和」をテーマに、生栗・栗おこわ・渋皮煮など販売。
◆「モンブラン」に飛び込む七日間
【10月12日~18日】「洋」をテーマに、極上モンブランの実演も行います。
https://www.mistore.jp/store/shinjuku/feature/foods/event_calendar.html
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com