Ray

豊田雅彦

うるおい皮ふ科クリニック(皮膚科、美容皮膚科、漢方皮膚科、アレルギー科、形成外科)院長 豊田雅彦

<経歴>
・1964年、長野県生まれ。
・1990年、富山医科薬科大学(現・富山大学)医学部卒業。同大学皮膚科学講座に入局・研修医。
・1994年から2年半、米国ボストン大学医学皮膚科学教室に留学し、皮膚老化や神経など多彩な研究を行う。
・1996年、米国ワシントンDCで開かれた国際会議である研究皮膚科学会議年次総会で「色素細胞と神経の接着」にて最優秀研究賞を共同受賞。
・2002年、パリで開かれた国際皮膚科学会で「アトピー性皮膚炎のシクロスポリンによるかゆみの抑止効果機序」の発表にて臨床部門最優秀賞を単独受賞。
・2003年、富山大学皮膚科講師。
・2004年、米国マイアミで開かれた国際皮膚科学会で「抗アレルギー剤がかゆみを抑える新たなメカニズム」の発表にて研究部門最優秀賞を単独受賞。
国際皮膚科学会において研究と臨床の両部門で単独世界一を受賞したのは当時世界初。
・2005年、うるおい皮ふ科クリニックを開業。

かゆみをなくすことをライフワークに掲げ、患者さんが希望を持てる診療に日々尽力。現在までに2,000以上の医学論文・医学専門書を執筆。
また、国内外で年間最多250以上の講演会・学会発表・保健所指導を行う。受診患者の99%(年間約3万人)の症状を軽減〜消失に導いた、世界有数の皮膚病・かゆみのスペシャリスト。
西洋医学と東洋医学を融合させることで、かゆみを激減することに成功し、かゆみの漢方治療のパイオニアおよび個々の患者の症状に合わせたオーダーメイド治療の確立・啓蒙、発展に寄与。

「一人として手を抜かないハイクオリティー高度専門治療」を標榜し、午前9時から午後9時まで(時には日をまたぐこともある)、ノンストップ診療を行なう。評判が評判を呼び、北海道や九州、米国や東南アジアからも受診者多数。受付時間3時間以上前からできる患者の行列は有名。薬だけに頼らず、日常生活の中で病気・かゆみを克服する診療方針は、世界から絶大な信頼を得ている。

日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本アレルギー学会認定アレルギー専門医、日本和漢薬学会評議員、日本研究皮膚科学会評議員、日本かたち研究学会理事、日本美容皮膚科学会・日本乾癬学会・日本皮膚免疫アレルギー学会・日本皮膚病理組織学会・日本皮膚悪性腫瘍学会・The Society for Investigative Dermatology、Federation of Clinical Immunology Societies 他会員。

<著者>(一例)
『頑固なかゆみもアトピーも1分肌活で必ずよくなる』(三笠書房)
『図解版:頑固なかゆみもアトピーも1分肌活で必ずよくなる』(三笠書房)
・共著・分担執筆:『東洋医学を極めた!漢方の名医9人』(現代書林)、『健康医学 本当はカラダに良いこと 本当はカラダに悪いこと』(フローラル出版)など

<インスタグラム>
肌活先生|皮膚科医によるアトピー・かゆみ等のお悩み相談室
WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com