Ray

クリスマスコフレを買うなら、お得感倍増の「ポーチ付き」を選ぶべし♡ おすすめブランド6選

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
クリスマスコフレを買うなら、お得感倍増の「ポーチ付き」を選ぶべし♡ おすすめブランド6選
今年もついにクリスマスコフレの季節が到来!今回は、+αなお得感が嬉しい「ポーチ」がセットになっているコフレを厳選してご紹介します♡ デザインもおしゃれで機能的なポーチ付きコフレ、売り切れる前にチェックして!
Item 1

JILL STUART ダズリングワンダーランド コレクション

これひとつでトータルメイクが叶う♡ サーカスみたいなきらめきコフレ

きらびやかなサーカスの光景を彷彿とさせる星やダイヤのモチーフをあしらったホリデーコレクション。6色のアイシャドウ、5色のチーク、フェイスパウダー、リップカラーがセットに。鏡つきポーチがポイント高め!

7,500円+税/ジルスチュアート 【内容】ジルスチュアートエターナルクチュールアイズダズリングワンダーランド6色 ・同ブルームミックスブラッシュコン パ クトダズリングワンダーランド ・同トーンアップフェイスパウダー(ブラシつき) ・同ルージュクリスタルカラットダズリングワンダーランド ・ポーチ10.8×18.8×4.5㎝

Item 2

RMK ホリデールックレッド メイクアップキット 2020

大人の魅力を最大限に引き出す赤とスパークルのコスメがIN

さまざまなニュアンスの"赤"いリップやネイル、リップグロスに加え、このキットでしか手に入らないスパークルな輝きのアイライナー&マスカラとルミナスジェルがセットに。漫画家・桜沢エリカ氏デザインのオリジナルポーチも魅力的♡

9,800円+税/RMK Division 【内容】RMK リップジェリーグロス13 ・同ネイルポリッシュ EX-36 ・リップスティックコンフォートブ ライトリッチ EX-02 ・同アイライナー&マスカラ01 ・同ルミナスジェル01 ・同オリジナルポーチ11×18㎝ Illustration © 2020 Erica Sakurazawa

Item 3

ADDICTION ホリデー アディクション ”イリディセントユーフォリア”

目元に、指先に、唇に光をまとってグラマラスな色気をかもしだして♡

NY発のファッションブランド・AREAのテイストを取り入れたコレクション。クラッチバッグの中にはスパークルタイプのアイシャドウ6色、華やかな偏光パールネイル、パールが輝くリップグロスがIN

8,000円+税/ADDICTION BEAUTY 【内容】アイシャドウパレットL ・ザネイルポリッシュ L101SP ・リップグロス L 101 ・クラッチバッグ11.5×18×5㎝

Item 4

M・A・C ファイヤーワークト ライク ア チャーム ミニ リップガラス キット

ピンクのリップガラスが詰まった、華やかキットに胸キュン必至♡

M・A・Cの今季のテーマはクリスマスを華やかに彩る「冬の花火」。中でも、ピンクのホリデーカラーのリップガラス3本がミニサイズでセットされたリップグロスキットは、デイリー使い にもピッタリな万能キットなんです♡

ピンク6,000円+税/M・A・C 【内容】リップガラスメルトフォーユー ・同フラッシーレディ ・同ロールインザシャレー ・オリジナルバッグ10.5×14㎝

Item 5

ETVOS クリスマスコフレ2020

アクティブな冬メイクを堪能できる、華やかなカラー展開にうっとり♡

アイ&チーク&リップがひとつになった多機能パレットをはじめ、シルキーなツヤ肌を叶えるパウダー、グリッターパールがきらめくグロスを、大人可愛いホワイト× レオパード柄ポーチにセット!

8,000円+税/エトヴォス 【内容】ミネラルカラーパレット プレイフル ・ミネラル モイストシルキーベール ・ミネラルリッププランパー シアーベリーソーダ ・クリスマスコフレポーチ2020 11×14×5㎝

Item 6

GIVENCHY ホリデー メイクアップ キット

ランウェイで輝くスターのようなオーラもまとえるホリデーキット

マット・ブラック、スパークリング・シルバー、シマー・ホワイトの3色アイシャドウとブラウンがかった赤リップ、アイコニックなロゴ入りポーチがセットに。クールな大人の魅力を引き出してくれる洗練されたキット

10.700円+税/パルファム ジバンシィ 【内容】ブラックトゥ ライト パレット ・ルージュ ジバンシイNo500 ・オリジナルブラックポーチ 15×21×2㎝

あわせて読みたい

※バッグ、ポーチのサイズはすべてタテ×ヨコ×マチ(or高さor奥行き)㎝で、すべて編集部調べです。※商品はすべて限定品です。

Photograph/Koichi Sakata Text/Megumi Toyosawa

RELATED

関連する記事