Ray

【岡崎紗絵】田中圭の主演映画「mellow」で話題!美人女優の秘密に迫る♡

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【岡崎紗絵】田中圭の主演映画「mellow」で話題!美人女優の秘密に迫る♡
Rayに初登場してから約4年半。今や、ドラマや映画にひっぱりだこの岡崎紗絵。今回はそんな紗絵が、どのように役と向き合っているのか、モデルの仕事との違い、そして現在公開中の映画『mellow』(メロウ)について心のうちを語ります。
目次
  1. お芝居ではその世界にいかにとけこむかが大事
  2. 映画『mellow』の日常的な世界感がすごく好き
  3. 映画「mellow」(メロウ)
Check!01

お芝居ではその世界にいかにとけこむかが大事

ありがたいことに、最近はモデル以外にも、ドラマや映画のお仕事をいただくことが増えてきました。 

最初のお芝居は、『脳漿炸裂ガール』という映画だったんですが、あの頃は、撮影が始まるまで、家で台本を読むのがイヤになるくらいド緊張していたのを覚えています。でも、実際現場に行ってみると、案外ケロッとしていて。まだ、お芝居のことを何もわかっていなかったからこその、ケロッだった気がします。

それから、『仰げば尊し』(TBS系)や『僕たちがやりました』(フジテレビ系)などの、学園もののドラマに出させていただいたり。この頃は、同年代の共演者の方が多くて、現場もアットホームな雰囲気で。すごく楽しくお芝居をさせていただいてました

そして、日曜劇場『ブラックペアン』。学園ものドラマとはガラッと変わって、名だたる俳優の方たちとの共演。医療用語などもたくさん飛び交っていたり。本当に吐くかと思うくらい緊張しました。でも、この作品のおかげで、精神も、演技も鍛えられたような気がします

最近では、『パーフェクトワールド』(フジテレビ系)に、山本美月さん演じるヒロインの妹役で出演させていただいたんですが、このドラマを観ていた視聴者の方から、インスタなどにコメントをいただくようになり。いろんな方に岡崎紗絵という人間を知っていただけるようになった作品なので、すごく思い出深いお仕事になりました。

モデルの仕事とは違って、お芝居は長時間その役になりきらなきゃいけないし、セリフもある。現場の雰囲気も全然違うんですよね。長いセリフを覚えるのもなかなかむずかしくて、よく台本を読んでブツブツいっています。わたし、読むだけじゃセリフを覚えられないので......。よくやるのが、読み合わせのときに相手役の方の声を録音して、それを聞きながらかけあいのようにセリフをいうということ。道を歩いているときも、お風呂の中でも、あとは、マックで時間つぶしているときも。お芝居の仕事をしている期間は、暇さえあればどんな場所にいても、ブツブツセリフを発しているかもしれない(笑)。

あとは、いかにドラマや映画の世界にとけこむかということを大事にしています。わたし、満島ひかりさんのようなお芝居がすごく好きで。一見普通なんです。でもその普通って実力がないと絶対にできないことなんだと思うんです。その人になりきって、その人の日常を表す。これって本当に難しいこと。でも、そういう女優さんになりたいです。

ピンクドレス 12,800円+税/G2?

Check!02

映画『mellow』の日常的な世界感がすごく好き

今公開している、『mellow』という映画に、ヒロイン役で出演させていただいているんですが、実は、このお話をいただく前に、同じ今泉監督の作品、『愛がなんだ』という映画を観にいっていたんです。その日常を切り取った世界観がすごくいいなと思って、いつか今泉監督の作品に出演したいな~と思っていたら、まさかの!という感じで。もうすごくすごくうれしかったです。

『mellow』は、田中圭さん演じる花屋の男性のお話。そのまわりにいる女性陣から恋をされたり......。実際あんな人がいたら絶対モテる(笑)。繊細な花を扱っているということは、女性の扱いもうまそうだし。ホレてしまうと思います。わたしが演じるラーメン屋の娘も、その花屋さんにホレているんですよね。

でも、気持ちをいうなんて、自己満じゃない?と思い、告白をしない。それが、やっぱり伝えようと思うんです。その気持ちの変化を表すのが、すごく難しかった。あとは、ラーメンを作るシーンがあって。ゆでた麺の湯を切るのが大変で、湯切り皿を自分で買って、家で毎日練習しました

『mellow』で学んだことは、自然な演技。監督さんから、とにかく素っぽくしてといわれて。難しかったけど、演じていてすごく楽しかったです。みなさんも、ぜひこの作品を観ていただきたいです!

Voice

今泉監督からみた岡崎紗絵って?

「岡崎さん自身あまりお芝居の経験がある方ではないと思うんですけど、変な癖みたいなものがなく、本人の地の明るさもあるし 、すごく魅力的になりました」(映画『mellow』監督 今泉力哉さん)

Pick up

映画「mellow」(メロウ)

紗絵がヒロインを好演している映画、「mellow」が公開中。街で一番オシャレな花屋「mellow」と、廃業寸前のラーメン屋を舞台に、その周辺のさまざまな人々のたくさんの実らない恋が描かれる。紗絵は、田中圭さん演じる、主演の夏目誠一に恋をするラーメン屋の娘、古川木帆役を熱演。

©2020「mellow」製作委員会

あわせて読みたい

Photograph/YASUHISA KIKUCHI(vale) Styling/NOZOMI SHIROTA(KIND) Hair&Make-up/AKEMI KIBE(PEACE MONKEY) Model/SAE OKAZAKI(Exclusive)

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com