Ray

【本当にあった怖いバイト話】理解不能!ヤバすぎるクレーマー体験談

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
【本当にあった怖いバイト話】理解不能!ヤバすぎるクレーマー体験談
バイト先の環境がホワイトでも、接客業だと避けられないのが迷惑な客のクレーム。その度に落ち込むこともあるけれど、アルバイトをしている中ではよくあること!本当にあったみんなの実体験を聞いて、心の準備をしておこう。現役大学生のリアルな声とともに、シチュエーション別にご紹介します。
Scene01

お釣りを渡すとき手を握ってくる

『タチの悪い常連客に気に入られてしまい、毎回必ずお釣りが出るようにお会計してきては小銭を渡すときに両手でベタベタ。気持ち悪かったです』Sさん・大学4年生

Scene02

メニューにないものをしつこく注文してくる

『いつも他のカフェで頼んでいるのか、うちの店にはないものを注文。何度「ございません」と言っても永遠に頼んできて、しまいには「え、ないの?(笑)」感をかもし出してくる!』Mさん・大学4年生

Scene03

渡し忘れたストローを「持ってこい!」とキレる

『ドリンクをテイクアウトしたお客さんにストローを渡し忘れるという大失態。家まで届けろと電話で大激怒され、私が悪いけど怖かった』Sさん・大学3年生

Scene04

飲食店の店内でオムツを替え始める

『食事中もうるさかった子ども連れの家族。食後に座席で赤ちゃんのオムツを脱がせ始めたときは引きすぎてもはや注意もできなかった』Kさん・大学4年生

Scene05

自分でこぼしたのにクリーニング代を請求してくる

『こちらのミスならまだしも「コップが滑りやすかった」だの「置いた場所が悪い」だの理不尽な理由で文句を連発。もう来ないで〜!』Yさん・大学2年生

合わせて読みたい

イラスト/腹肉ツヤ子

RELATED

関連する記事