Ray10月号【鈴木愛理】が3度目の単独表紙♡撮影裏側&インタビュー

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
 Ray10月号【鈴木愛理】が3度目の単独表紙♡撮影裏側&インタビュー
8月23日に発売されたRay10月号は、単独表紙3回目!Rayモデルの鈴木愛理。今回はそんな愛理の表紙撮影に密着! 撮影後には、今回の撮影の感想はもちろん、8月4日まで行われていたツアーのこと、9月4日発売の1stシングルについて、現在放送中のドラマ『Iターン』についてインタビュー。オフショット盛りだくさんでお届けしたいと思います♡

この日の撮影は、表紙だけでなく特集ページの撮影も! 最初は特集ページの撮影からスタートし、最後に表紙撮影。AR動画の撮影も入っていて、カメラの数が多い中でスタート♡ ちなみに、動画で音が使えるように、この日の撮影中の音楽は、愛理の曲をエンドレスリピート♪

Ray単独表紙、3回目を終えて...どうだった?

1回目と2回目と比べて今回の表紙は、また違った雰囲気の仕上がりになったなって思います。私が表紙をやる時って、いつもRayっぽくない説があって(笑)。最初の時は花冠で可愛らしい感じだったんですけど、大人っぽい感じの表紙が多い気がしてます。

だいたい「NEW ME」な時に表紙に出がち(笑)。

誌面の中ページでは、里帆ちゃんの次くらいに幼い役をやることが多いのに、表紙の時だけは25歳丸出しでやらせてもらってる気がしてます。これがいつもの鈴木なので、大人な表紙の感じもすっごく好き! だけど、なんかもうちょっと「クリっとしたThe女子!」みたいなのもやってみたい。

4回目の表紙をやらせてもらえるなら「ガーリー」に挑戦したい!

甘い感じの「ガーリー」なのがやりたい! 表紙は私にとっていつも「変化」という挑戦でもあって。前回と今回の様な「大人」な愛理も楽しいんですけど、誌面の中でやっているガーリーな愛理をもっと誇張したようなものにチャレンジしてみたい‼ここまできたら(笑)。

誌面の中ページだと、割とパンパンパンって時間内に撮影をこなす感じで撮ってるから、いつものガーリーな感じを、表紙と同じくらい時間をかけて作り込んでいきながら撮ってみたいなって。

自分の曲が流れてるとライブみたいな気分になっちゃう

編)今日はずっと愛理の曲が流れてたけど、どうだった?

恥ずかしいですよー! 自分の曲、自分で聞かないですもん‼(笑)
いや、もうほんとに、どういう気持でやろう?みたいな感じで...なんかライブみたいな気持ちになっちゃうんです。今日は表紙以外がけっこうポップなテンションだったから、自分の曲がかかってっても楽しかったけど♪

℃-uteの時代から、現役のものは聞かなかったです。解散してからは聞くようになりましたけど、当時はほぼ聞かなかった! なんでだかBuono!は「休業」みたいな時期があったから、過去の曲みたいな感じで聞けたんですけど、℃-uteは聞かなかったですね、特に自分の声が恥ずかしくなっちゃって(笑)。

今どの曲に対してもだけど、今日みたいに何時間もリピートしては、絶対に聞かないです(笑)

8月4日まで行われてたホールツアーはどうだった?

今回も演出を考えさせてもらって、「映画なのか、ミュージカルなのか、いやこれはライブだ」っていうツアーがしたくて。今回は鈴木が指名手配犯でウォンテッドされていて、Dead or Alive で“みんな私を捕まえろ!”っていう、「逃げる」がツアー全体のテーマ。

アメコミ調のアニメを挟みながら進行していくライブで、見に来てくれた方も鈴木を捕まえる1人として参加できる様なシーンがあったりしながらの、ショーの様なエンターテイメントをやりました♪

他にもwacciさんの『別の人の彼女になったよ』という曲をカバーさせてもらって。ソロになって初めてのカバーだったので、すごく良い経験になりました!

構想は普段の妄想です。鈴木愛理のライブ自体が、エンターテイメントなショーでありたいし、非日常を味わえるような場所でありたいっていうのが必ずあります!

今回ツアーの準備は、年明けてすぐから演出を考え始めました。5月末がスタートだったので、それに向けて逆算! けっこう、色んなことが遅れがちな私だからこそ早めに動こうって(笑)。1月くらいから、出来る事出来ない事を考えて...実は1回全部白紙に戻ったこともあったんです! でもちゃんと出来上がって良かったなって。

今回は全部で8都市9公演だったんですけど、ツアーの時は基本的にごはんをゆっくり食べられないんです、基本日帰りなので。公演終わった後、帰るのも大急ぎなんです(笑)。

だけど泊まりのお仕事で地方にいった時は、ゆっくりその土地の美味しいごはんを食べてます! あっ、だけど今回は初日の静岡ではしらすが有名だからか、ケータリングに沢山しらす料理が並んでいたので食べました♪

RELATED

関連する記事