Ray

マヤ暦占いでわかる2018年の運勢。『白い世界の橋渡し』のあなたの取扱説明書。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
885a1c79fde7ec164502f203eb3babe54d18cbd7
予言のように当たる!とここ最近注目を集めているマヤ暦占い。人生の目的や運命を知ることができる、いわば自分の取扱説明書と言われています。

マヤ暦占いとは……

マヤ暦占星術は、星占いの1つです。4000~5000年前に繁栄した古代マヤ文明の時代、マヤの先住民は天文学にすぐれ、星の流れを正確に読みとって、時間という概念を作りました。そして、その星の流れを暦に体系化したものがマヤ暦です。

占いにつかう暦はツォルキン暦とよばれ、神官が使用していた暦です。この暦を意識しながら流れに沿って生きると、宇宙の流れと一致してシンクロニシティが起こりやすくなります。

マヤ暦では、「20の紋章」が存在し、あなたに該当する紋章がそのままあなた自身のキャラクターや性質・特性を表します。

自分のマヤ暦の紋章を知る

生年月日

調べる

※「白い世界の橋渡し」以外だった方は、記事下部の「マヤ暦占い」から、ご自身の太陽の紋章のページへお進みください。「マヤ暦占い」は随時更新中です。

『白い世界の橋渡し』のあなたは、コスモポリタン(国際人)として生きることで運気がUP!

【基本特性&使命】
スケールが大きく野心家で、世界を股にかけて活躍できる人。
また、相手のことを思いやれるホスピタリティあふれた気遣いのできる人。「喪失と再生」がキーワードの人なので、何かを失って、手に入れる人生を繰り返しやすい特徴も。手放すことを恐れずに、前だけを見つめて人生の階段を上っていきましょう。

『白い世界の橋渡し』の恋愛運

社交的で出会いも多い恋多き人。
また、相手のワガママも受け止められる心の広い人。自分の人生観や価値観を変えてくれる尊敬できる人に心惹かれるタイプ。

ウェイブスペルに『白い世界の橋渡し』を持つ人の2018年上半期の運勢

(※ウェイブスペルとは、 あなたの潜在意識に秘めたもうひとつの紋章です)
「白い世界の橋渡し」の上半期のキーワードは、“海外”。
もともと海外と縁のあるあなたですが、この上半期は、これまで以上に海外の人との出会いや、海外出張が決まったりなどの機会に恵まれるかも

また、行きつけのカフェで外国人と知り合ったり、海外の友達ができたりなど、何かとインターナショナルな体験をするかもしれません。

あなたは、“世界の橋渡し”と名前にあるように、海外への関心を持つほどに、運気がアップする人。たとえ今、そんな気配はなくても、この上半期に新しい外国語を学びはじめるのもおすすめ。そんな努力が、今後、さらにあなたを飛躍させるきっかけになるはず。恋愛面でも、世界を股にかける彼との出会いもありそう。

ラッキーな期間は、4月14日~26日。

運気アップの鍵  
外国の人との出会いがあるバーやパーティなど。海外旅行や留学もおすすめ。

ラッキーアイテム 
英会話や語学の本。外国の言葉を学べば世界に羽ばたけそう。

 

マヤ暦ソウルナビゲーター・MASAYUKI
PROFILE
一般社団法人日本マヤ暦セラピスト協会代表理事。大手商社勤務時代にマヤ暦占星術と出会い、自分自身の使命に気づく。幼少のころに体験したすべてのことがマヤ暦占星術に予言されていたことに衝撃を受け、マヤ暦占星術の世界の探求が始まる。現在は、オリジナル占術である「マヤ暦ライフナビゲート鑑定術」を提唱。各種メディアで活躍しながら、1万人以上を鑑定し、“銀座の兄”としても知られている。

INFORMATION
6日間の無料メール講座を開催中。マヤ暦占いで人生の目的と運命を知って 、自分らしく輝いたライフスタイルを手に入れる方法をアドバイスします。

RELATED

関連する記事