Ray

ふんわりチークで血色感をプラス♡ 〈親しみやすい〉ナチュラルメイク講座

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
ふんわりチークで血色感をプラス♡ 〈親しみやすい〉ナチュラルメイク講座
推しにささげる幸せな日々とともに、リアルな世界では自分だって推されたいっ......♡ ってことで、まわりからほめられること間違いなしの旬メイクをご提案。今回は、村瀬紗英が「親しみやすい雰囲気」を作り出すメイクに挑戦したよ。定番の血色と陰影こそ丁寧に仕込んで王道モテを叶えよう!

親しみやすく見せたい♡

定番の血色&陰影こそ、丁寧に仕込む

「デフォルトで可愛い」と思わせるにはやっぱりブラウンメイクが最適。とはいえ量産型な“無難顔”にはなりたくないから、ラメの配分を見直して“ただ盛りました!”を回避。王道にして最強のナチュラルメイクがここに♡

スエット 6,800円/Long Beach イヤリング 4,050円/アビステ

Use it! 使用するコスメはこちら♡

【A】マジョリカ マジョルカ シャドーフラッシュ BR202 2,090円/資生堂
▶︎マット~ラメの異なる質感と色がセットに。

【B】ルナソル シークレットシェイプパレット EX02 6,050円/カネボウ化粧品(限定)
▶︎赤み寄りのコーラルで肌なじみ抜群。

【C】ルージュ リップジュエル ジェミーサテン 23 2,420円、ルージュケース 01 1,540円/ともにジルスチュアート ビューティ
▶︎ひかえめなツヤのベージュオレンジ。

How to1 ブラウンで軽く陰影をつける

アイホールと下まぶた全体にAの右上のベージュをブラシでふんわりとのせる。まぶたの彫りをぼんやりと浮き上がらせるくらいでOK。

How to2 濃いブラウンで引き締める

Aの左上のブラウンを平筆にとり、目のきわに沿ってつけたら二重幅くらいまでなじませる。二重幅未満にして強すぎない印象に。

How to3 微細なラメを上まぶたにオン

Aの右下の小さめなラメを指にとり、まぶたの中央から置いて左右にワイパー塗りして広げる。中央にラメが多くのって丸いフォルムに。

How to4 大粒ラメを目頭にトッピング

Aの左下の大粒ラメを指にとり、目頭に置く。そこから目の2/3幅くらいまでラメをオン。スタンプのように押し塗りすることで密度を高く。

How to5 チークで顔全体をつなぐ

Bの左側をブラシにとり、ほお骨から下へ逆三角形に広めにふんわりとのせる。アイメイクがシンプルなぶん、チークの血色で余白を埋める。

完成♡

チークをふんわりとのせてシンプルなアイメイクとのバランスをとる。親しみやすい雰囲気で王道モテメイクの完成!

撮影/楠本隆貴(will creative・モデル)、上田祐輝(物) ヘア&メイク/菅長ふみ(Lila) スタイリング/稲葉有理奈(KIND) モデル/村瀬紗英(本誌専属) 文/佐々木麗

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com