Ray

【玄鳥】はなんて読む?鳥を表す難読漢字!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【玄鳥】はなんて読む?鳥を表す難読漢字!
日常生活で使う機会はあまりないけれど、知ってるとちょっと自慢できる!そんな難読漢字を今回ご紹介します。社会人の多くが間違えてしまうこの漢字、あなたは読めるかな?

「玄鳥」はなんて読む?

みなさんは、この漢字を見たことがありますか?

鳥という漢字が入った言葉は多いので、難しいかもしれません。

ヒントは、日本に馴染みの深いあの鳥です。

いったい、なんて読むのでしょうか?

果たして、正解は?

正解は「つばめ」でした!

玄鳥とは、スズメ目ツバメ科の鳥です。

一般的な漢字表記は「燕」で、つばくろ、つぼくろと呼ばれることも。

玄鳥の他にも、鳥に関する難読漢字はたくさんあります。「啄木鳥」と書いて「キツツキ」、「家鴨」と書いて「アヒル」など。

よく知っている鳥でも、漢字で書かれていると全く読めないことがあります。漢字表記を調べてみると、面白い発見があるかもしれませんよ!

みなさんは分かりましたか?

家族や友だちにも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

《参考文献》
・『デジタル大辞泉』(小学館)
・『精選版 日本国語大辞典』(小学館)
・『日本大百科全書』(小学館)

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com