Ray

「穎異」はなんて読む?賞賛する意味を持つ言葉

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「穎異」はなんて読む?賞賛する意味を持つ言葉
普段の生活でよく使う言葉なのに、実は間違って読んでいた!そんな漢字、意外と多いですよね。今回は、大人でも間違えてしまいがちな常識漢字クイズをご紹介。就活や社会人生活で恥をかかないように、今一度確かめておきましょう!

「穎異」はなんて読む?

みなさんは、この漢字を見たことがありますか?

間違えやすいですが、「るいい」ではありません。

実は、これを言われたら周囲に自慢できちゃうほどの賞賛の言葉なんです。

いったいなんて読むのでしょうか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「えいい」でした!

「穎異」とは、「ずばぬけてすぐれていること」「非情に才能が抜きんでていること」という意味です。

「穎」には「穂先」「すぐれる・かしこい」という意味があるので、他とは異なるほどすぐれていることなんだな、と覚えておくと良いですよ。

周囲と比べようがないほどすぐれている、ということですから、誰が見ても周りより抜きんでて凄い人にしか使われません。

生きているうちに一度は使われたい褒め言葉です。

将来「穎異の人」と言われるような人になりたいですね。

みなさんは分かりましたか?

家族や友だちにも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

《参考文献》
・『デジタル大辞泉』(小学館)
・『精選版 日本国語大辞典』(小学館)
・『日本大百科全書』(小学館)

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com