Ray

【不意打ち】気になる男性をドキドキさせる敬語の使い方って?

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【不意打ち】気になる男性をドキドキさせる敬語の使い方って?
不意打ちの敬語に弱い男性は多いです。普段タメ口で話しているからこそ、敬語は男性をドキドキさせます。しかし、どんな敬語を使えば男性をドキドキさせられるのでしょうか?そこで今回は、気になる男性をドキドキさせる敬語の使い方をご紹介します。
目次
  1. 「すごいですね」など褒めるときに敬語を
  2. 「~さん」など呼び方を敬語に
  3. 「助かりました」など感謝を敬語に

「すごいですね」など褒めるときに敬語を

気になる男性を褒めるときに「すごいですね」「尊敬しますね」など敬語を使うのがおすすめです。不意の敬語はドキッとする上に、褒められるとなると男性のドキドキ感はいつも以上。

男性は「自分のことをちゃんと見てくれているんだ!」「心から尊敬してくれているんだ!」と嬉しくなります。一気にあなたのことを意識するようになるでしょう。

しかし、何度も敬語を使うとドキドキ感が薄れてしまう可能性があります。ここぞというときに敬語で褒めるようにしましょう。

「~さん」など呼び方を敬語に

「~さん」を敬語と言っていいのかは微妙かもしれません。しかし、普段、気になる男性をニックネームや呼び捨てをしている場合、「~さん」と呼ぶだけで相手をドキドキさせられます。

普段と違う呼び方にはドキッとしますよね。それは気になる男性も同じです。何気ない会話のなかでポロッと「~くん」「~さん」と言ってみましょう。「え?今~くんって言った?」と感じて、相手の印象に残りやすくなるはずです。

その他、なにかお願いしたり甘えたりするときに言うのも効果的。普段聞きなれない敬語と頼ってもらえたという気持ちがドキドキを生み出してくれますよ。

「助かりました」など感謝を敬語に

気になる男性をドキドキさせるには、感謝を伝えるときにタメ口ではなく敬語を使うのもおすすめです。いつも通り「助かった!」「ありがとう!」と伝えるだけでは、ドキドキさせるのは難しい傾向があります。

しかし、いつもと違い「助かりました」「ありがとうございます」と敬語を使うことで「あれ?いつもと違う」と男性はドキドキするでしょう。タメ口より本当に感謝していることが伝わるので、ここぞというときに敬語で感謝を伝えてくださいね。

今回3つご紹介しましたが、どれも難しい敬語ではありません。今回ご紹介した敬語を使って気になる男性をドキドキさせてみましょう。

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com