Ray

【白石麻衣が実演♡】夜の接近戦に効くメイクって?

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【白石麻衣が実演♡】夜の接近戦に効くメイクって?
いつも同じ顔じゃなくてメイクもTPO対応できるのが、どんなときでも美人に見える人の秘密。今回は夜の光と影を味方につけるメイクをご紹介。
CONTENTS
  1. 夜に映えるのは”つやめき女っぽメイク”
  2. POINT:目元は締め色×レフ版効果ハイライトでインパクトを出す
  3. POINT:リップはラメとツヤをWで重ねた唇で魅了

夜に映えるのは”つやめき女っぽメイク”

©Ray2016年2月号

夜の闇にともるイルミネーションや、室内のライトは、まるでスポットライト。全体的に強い光が多い夜は、カラーよりも輝きとツヤで勝負するのが正解。パールやグロスの❝質感❞重視なメイクを作りこみましょう。

POINT:目元は締め色×レフ版効果ハイライトでインパクトを出す

©Ray2016年2月号

1.中間色をアイホール全体に

薄いベージュのアイカラーを、アイホール全体につける。まぶたに少しニュアンスをつけて影を演出する。

2.締め色ブラウンを目のキワに

濃いブラウンのアイカラーを、ライン風に入れる。目尻側が太くなるようにいれると色っぽさがUP。

3.ラメシャドウを目のまわりにオン

キラキラと輝くゴールドラメのアイカラーをブラシにとり、上まぶた全体と目頭、目尻からほお骨の少し上の3箇所にオン。

POINT:リップはラメとツヤをWで重ねた唇で魅了

©Ray2016年2月号

1.リップカラーを唇全体にオン

オレンジのカラーをベースに塗って、血色を仕込む。あえてハズしカラーのオレンジを合わせて頑張りすぎを回避。

2.クリアグロスを上から重ねる

ラメ感のあるクリアタイプのグロスを唇の中央多めにたっぷり重ねて、ボリューミィなリップに仕上げる。

夜の光の中では、色みはわかりにくいのが現実。夜はラメやパール入りのコスメを使って、輝きを味方につけましょう。

RELATED

関連する記事