Ray

【好々爺】はなんて読む?思わず人に話したくなる難読漢字!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【好々爺】はなんて読む?思わず人に話したくなる難読漢字!
日常生活で使う機会はあまりないけれど、知ってるとちょっと自慢できる!そんな難読漢字を今回ご紹介します。社会人の多くが間違えてしまうこの漢字、あなたは読めるかな?

「好々爺」はなんて読む?

「好々爺」という言葉をご存じでしょうか?

「爺」という漢字のとおり、お年寄りに関する熟語です。

いったい、「好々爺」はなんと読むのでしょうか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「こうこうや」でした!

「心の優しい、良い老人」という意味の言葉です。

「好」は「好きこのむ」以外にも「良い」という意味があります。

そこに踊り字の「々」をつけて反復し、年老いた男性を意味する「爺」を置いて、「好々爺」となるのです。

「好」を2つ並べて「好好爺」と書いても間違いではありません。

直接褒めるというよりは、本人のいないところで人の良さを評価するときに使うほうが良いかもしれません。

みなさんは分かりましたか?

家族や友だちにも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

《参考文献》
・『デジタル大辞泉』(小学館)
・『精選版 日本国語大辞典』(小学館)
・『日本大百科全書』(小学館)

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com