Ray

「眉を描く前のひと手間」忘れてない?再確認しておきたい眉メイクの基本♡

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「眉を描く前のひと手間」忘れてない?再確認しておきたい眉メイクの基本♡
せっかくトレンドのアイカラーやリップを取り入れても、眉メイクが置いてきぼりだと台無し!今回は、吉田朱里と一緒に自眉を生かした「眉メイク」をご紹介♡ 描き方はそのままでカラーチェンジするだけ!眉メイクの基本的なやり方からポイントまでしっかりマスターして♡

眉メイク=自眉生かしで、カラーでこなれよう

ここがポイント!

  • 無理やり作り込むよりも、骨格に沿った自眉生かしが近道
  • 描き方はそのまま、カラーチェンジするだけでキャラ変

Use it! 用意するもの

【A】濃淡眉パウダー:ヴィセ リシェ アイブロウパウダー BR-1 1,210円(編集部調べ)/コーセー
▶︎パウダーなのにしっとりとしたタッチで眉毛に密着。

【B】カラー眉マスカラ:ケイト 3DアイブロウカラーN BR-2 935円(編集部調べ)/カネボウ化粧品
▶︎自眉の黒さをおさえる高発色な仕上がり。

Check! 描く前にひと手間!

フェイスパウダーを眉にのせる

ベースメイク直後の眉はベタつきがあるのでサラサラなお粉で、眉メイクののりをよく!

眉毛をとかして毛流れを整える

向きが乱れた眉毛を、スクリューブラシでとかして自眉のコンディションを正して。

How to 基本の描き方

①薄色パウダーで眉尻から描く

Aの中段の色を付属のブラシの太筆にとり、ふんわり色をのせていく。眉尻から始めて、そのまま全体になじませると自然と濃淡がつく。

②眉山を濃色できちんと仕上げる

Aの中段と上段の2色を混ぜ、小さくかたいほうの筆で描き足す。このとき、眉山の形をきちんととると全体の印象がきれいに仕上がる。

③眉頭はブラシを上方向に動かす

眉頭はソフトに仕上げたほうがあか抜けるので、A中央の薄色を使用。毛を立たせるイメージで上に向かってブラシを動かしてつける。

④毛が足りない部分を細かく埋める

眉下がえぐれるように一部だけ毛がなかったり、穴の見えるところは細筆で埋める。ピンポイントで描き足すと濃くなりすぎず◎。

Point ダイレクトにつけずにいったんしごく!

ボトルの口でブラシをしっかりしごいて、液量を減らすと色づきがとっても自然になる。

⑤眉頭の毛は立たせるように塗る

眉マスカラを塗るときも、パウダーと同様に眉頭の部分は下から上に向かって塗る。毛流れを上向きにするのが今っぽ眉のポイント。

⑥毛流れに沿ってふんわり色づけ

眉頭以外の部分は、最初に整えた毛流れに沿って眉マスカラを塗布。逆毛を立てて塗るより液がサラッとつきナチュラルに仕上がる。

完成♡

自眉を生かしたナチュラル眉が完成!髪色より明るめトーンを選んで抜け感アップ♡

トップス 2,970円/w closet

撮影/熊木優(io・モデル)、小長谷匡史(静物) ヘア&メイク/秋山瞳(PEACE MONKEY)スタイリング/城田望(KIND) モデル/吉田朱里(本誌専属) 取材・文/政年美代子

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com