Ray

【予予】はなんて読む?読めれば自慢できる難読漢字

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【予予】はなんて読む?読めれば自慢できる難読漢字
日常生活で使う機会はあまりないけれど、知ってるとちょっと自慢できる!そんな難読漢字を今回ご紹介します。社会人の多くが間違えてしまうこの漢字、あなたは読めるかな?

「予予」はなんて読む?

「予予」という漢字の読み方はわかりますか?

思わず「よよ」と読んでしまった方も多いのではないでしょうか。

実はこの漢字、みなさんもよく使う言葉なんです。

いったいなんて読むのでしょうか。

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は…「かねがね」です!

かねがねは他にも「予々」や「兼ね兼ね」と書くことができます。

「予」は訓読みで「予(あらかじ)め」や「予(かね)て」と読み、「前もって」という意味を持つ漢字。

ビジネスシーンでは「お噂は予予聞いております」や「かねがねそのように考えておりました」などと使うことが多いです。

使い方もあわせて覚えましょう。

みなさんは分かりましたか?

家族や友だちにも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com