Ray

「NO」を言えるほうがモテる?断った方が好印象な3つのタイミング

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「NO」を言えるほうがモテる?断った方が好印象な3つのタイミング
モテたい気持ちが嫌われたくないという気持ちへと変化して、男性に「NO」と言えなくなっていませんか?しかし、何を言っても頷いてばかりの女性は物足りないかも。今回は、モテる女性はどんなときに「NO」と伝えているのか、3つのパターンを紹介します。

相手に興味がないときにさらっと

好みのタイプとは違う男性から声をかけられた際、「相手を傷つけたくない」という気持ちから曖昧な態度をとっていませんか?

男性慣れしていない女性は、相手の勢いに押されたり雰囲気に流されたりして受け入れてしまいがち。ところが、お付き合いしてみると意外と大切にしてもらえず、「遊びの相手」止まりになってしまうケースも少なくありません。

こんなときは、興味が持てないタイプの男性に対してさらっと「ごめんなさい」と断れる女性の方がモテることがあります。

雰囲気が重くならないように明るい口調で断れば、男性のプライドを傷つけずにすむでしょう。両思いになる方法だけではなく、振り方も心得ることが「いい女」への近道かもしれません。

体調が悪い日のデート

楽しみにしていたデートの当日、体調がすぐれないのに「せっかく彼氏と約束したんだから」と、無理をして出かけたことがある人もいますよね。

しかし、体の調子が悪ければ楽しい時間は過ごせません。それに、彼氏からすると「具合が悪いのならちゃんと話してほしかった」と不満に感じてしまう可能性もあります。

その場合は、「私も楽しみにしていたんだけど、本当に残念」と一言添えて、思い切ってデートをキャンセルしましょう。

魅力ある女性には、彼と同じくらい自分のことも大切にしている人が多いですよ。

急に呼び出されたとき

正式に付き合っている男性でもそうではない男友だちでも、当日になって突然「これから出てこられる?」と連絡してきた場合、その誘いに簡単にのるのは控えたほうがいいかも。

いつ声をかけられても応じていると、あなたは都合の良い人というイメージを持たれてしまうかもしれません。都合の良い存在は魅力的とは言い難いです。

そのため、「いきなりは無理だよ」「予定が入っているから」のように短い言葉で断るのがいいでしょう。その場合は、丁寧に謝りすぎないのもポイント。

実際に趣味や仕事を充実させて、急に呼び出されてもつかまらない女性を目指すのもいいですね。

ここに挙げた3つのシチュエーションなら、きちんと「NO」を言える女性の方が好印象を与えられる可能性が高いです。断ることであなたが芯のある女性だと知ってもらい、素敵な恋愛を引き寄せましょう!

あわせて読みたい

編集部おすすめ記事

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com