Ray

ファッションも!メイクも!オトナっぽ甘く♥なる秋PINKルール

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
ファッションも!メイクも!オトナっぽ甘く♥なる秋PINKルール
ピンクは女のコをいちばん輝かせてくれる特別なカラー。可愛いピンクの服はワードローブに欠かせないけど、秋はただ甘いだけじゃNO!ちょっぴりオトナっぽく着てみたい。そんな複雑なおしゃれを叶えてくれるコーディネートの秘訣を、メイクのポイントと一緒に教えちゃいます♥
CONTENTS
  1. RULE1:SWEETなアイテムはスモーキーピンクで!
  2. RULE2:辛口なアイテムこそベビーピンクをチョイス!
  3. RULE3:ピンクのアウターはメンズライクなチェスターで甘辛!
  4. RULE4: ピンクにマッチする絶妙な配色でオトナっぽ甘く!

RULE1:SWEETなアイテムはスモーキーピンクで!

着るだけでテンションUPな甘い服。さらにピンクだと甘すぎる!? そんなときは、ほんのりくすんだピンクにするだけで、オトナ可愛い絶妙なバランスに。

RULE2:辛口なアイテムこそベビーピンクをチョイス!

パンツやシャツなど、アイテム自体に甘さがないベーシックなもの着るときは、ガーリーな淡いピンクで可愛さをブレンドすればGOOD!

目尻チークでほんのり色気をON♥

☑ピンク系のカラーを下まぶたの1/3にラインを引くようにスッと入れる。ややタレ目で切れ長なオトナっぽ可愛い目元に。

☑肌なじみのいいコーラル系のリップを唇全体にラフに直塗り。ピンク系のグロスを重ねてぷっくりと立体感のある口元に。

RULE3:ピンクのアウターはメンズライクなチェスターで甘辛!

ちょっと抵抗感のあるピンクのコートは、淡いピンクが映えるチェスタータイプで、おしゃれ感ある甘辛MIXが実現。シンプルコーデにはおれば、可愛さUP!

横長チークで青みピンクも大人顔に。口元はラフに抜け感を!

☑青みがかったピンクチークをブラシにとり、ほおの高い位置から外側に向かってさっと入れる。

☑明るめなライトピンクのリップを唇全体にラフに直塗り。口角まできっちり塗らないのがラフな口元をつくるポイント! ピンクの色つきグロスを上からうすく重ねてツヤを。

RULE4: ピンクにマッチする絶妙な配色でオトナっぽ甘く!

ちょっとしたニュアンス違いで、いろんな表情を見せてくれるピンク。そこで”オトナっぽ甘い”着こなしを叶えるオススメの配色パターンをご紹介します。

◆フレッシュピンク×ネイビー

ネイビーニットとのコントラストで可愛さがさらに引き立つ、ピュアなピンクはチュールをすそからちら見せ!

◆ダスティーピンク×グレー

グレイッシュなピンクニットとグレーのキャミワンピをレイヤード。くすんだ色みのトーンでしっとり仕上げて。

いかがでしたか? 甘くなりがちPINKも、テクニック次第でオトナッぽく着こなせるんです!ぜひ、いつもの着こなしの参考にして、オトナっぽ甘いコーデをしてみてね★

※価格等は「Ray2015年11月号」掲載当時のものです。限定品は販売終了になっている場合、また商品名、価格などが変更になる場合があります。

RELATED

関連する記事

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com