Ray

【大童】はなんて読む?「だいどう」とは読みません!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
【大童】はなんて読む?「だいどう」とは読みません!
日常生活で使う機会はあまりないけれど、知ってるとちょっと自慢できる!そんな難読漢字を今回ご紹介します。社会人の多くが間違えてしまうこの漢字、あなたは読めるかな?
CONTENTS
  1. 「大童」は何て読む?
  2. 果たして、正解は?

「大童」は何て読む?

「大童」は忙しくて、てんやわんやしているときに用いられる言葉。

知っている言葉だけれど、普段あまり漢字で書くことはないかもしれませんね。

さて、「大童」はなんと読むのでしょうか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「おおわらわ」でした!

おおわらわは、「やることに追われて余裕がない様子」を表しています。

童は「わらわ」と読み、10歳前後の子供のことです。

また、近世では武家の大人の女性が自分のことをへりくだって言うときに用いていました。

類語には、「てんてこ舞い」や「てんやわんや」という言葉がありますよ。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事