Ray

「潤ける」はなんて読む?お肌も潤い過ぎるとこうなるかも!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「潤ける」はなんて読む?お肌も潤い過ぎるとこうなるかも!
普段の生活でよく使う言葉なのに、実は間違って読んでいた!そんな漢字、意外と多いですよね。今回は、大人でも間違えてしまいがちな常識漢字クイズをご紹介。就活や社会人生活で恥をかかないように、今一度確かめておきましょう!
CONTENTS
  1. 「潤ける」はなんて読む?
  2. 果たして、正解は?

「潤ける」はなんて読む?

「潤」という字は、化粧品に表示された潤い成分などで「うるおい」と書かれていますよね。

そのため、送り仮名が変わると「うるける」なんて言葉はないし、なんだろう?と悩んでしまいます。

さて、「潤ける」は一体なんと読むのでしょうか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「ふやける」でした!

「潤ける」は、水分を吸って柔らかくなることです。

お味噌汁の具であるお麩やワカメなども、お湯に浸すとみるみるうちにふやけていきますよね。

ふやけるの類義語には、「とろける」という言葉があります。

とろけるは、熱や水分によって固まっていたものが溶けて軟らかくなることです。

こちらもとろけるプリンなど日常でよく見かける言葉ですね。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事