Ray

「曲り形」はなんて読む?体つきを表すあの言葉

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「曲り形」はなんて読む?体つきを表すあの言葉
普段の生活でよく使う言葉なのに、実は間違って読んでいた!そんな漢字、意外と多いですよね。今回は、大人でも間違えてしまいがちな常識漢字クイズをご紹介。就活や社会人生活で恥をかかないように、今一度確かめておきましょう!

「曲り形」は何て読む?

曲りはそのまま「まがり」と読むと予想できそうですが、形はいったい何て読むでしょうか。

形という字は、けいやぎょうと読みますが、そのどちらとも違います。

ヒントは、見た目や体つきのことをいう言葉としてよく聞く読み方です。

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「まがりなり」でした!

なりとは、ものの形や体つきのことを言い、身なりという意味です。

普段漢字で書かれているのをあまり見ないことから知られていませんが、「形」や「態」を用いて、なりと読みます。

そこから曲りなりは、曲がった形のことや、物事の状態が不完全であることをさすんですね。

よく「曲がりなりにも一家の主人だ」などといった使われ方をしますが、これは不十分でもこの家の主というような意味になります。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事