Ray

「綽綽」はなんて読む?読めたら自慢できる難読漢字!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
「綽綽」はなんて読む?読めたら自慢できる難読漢字!
日常生活で使う機会はあまりないけれど、知ってるとちょっと自慢できる!そんな難読漢字を今回ご紹介します。社会人の多くが間違えてしまうこの漢字、あなたは読めるかな?

「綽綽」って何て読む?

綽という漢字は日常生活でも、ビジネスの世界でもなかなか見かけません。

訓読みでは、綽やかと書いて「たおやか」と読みます。

それでは、音読みはなんて読むでしょうか。

つくりが「卓」で2回続いているから、たくたく?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「しゃくしゃく」です!

余裕しゃくしゃくという言葉はみなさん聞いたことがあると思いますが、このしゃくしゃくは「綽綽」と書きます。

綽という漢字はもともと、しなやかでゆるやか、そしてゆったりしている様という意味。

余裕はゆとりのある様という意味なので、余裕と綽綽を合わせることで、落ち着いている様をより強調しているのが「余裕綽綽」という言葉なんです。

また、同じ漢字が2回続いているので、基本的には綽々と書きます。

漢検1級レベルの難しい漢字ですので、読めたら自慢できますよ!

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

RELATED

関連する記事